冬のガス代が高すぎる!節約することはできないの?


こんにちは。


最近急に朝晩が涼しいというより、少しは肌寒くなってきましたよね。

そろそろ暖房器具を使用しなければならない地域も、でてきそうですが、冬場は暖房器具を使用しなければならないことから、どうしても光熱費が高くなりますよね。




特に冬場は夏場よりも、お風呂の設定温度を3度ぐらいは高く設定しないと、身体を温めることができないこと、また追い炊きの回数がどうしても増えてしまうことから、どうしてもガス消費量が増えてしまい、結果夏場と比較してガス代が約2倍高くなる家庭も珍しくはありません。



ガス代が高くなる最大の理由は、冬は夏場と比べて水温が低いことから、お風呂を沸かす時にガスの消費量が高くなるので、必然的にガス代も比例して高くなってしまうとのことですが、ただ一番の原因は、ガス単価が高すぎることが挙げられます。





ガス料金は…

*ガス契約をした時点で費用発生する「基本料金」

*ガスを使った分を支払う「従量料金」

の合計が、毎月のガス料金となります。



ガス料金は、実は全国一律ということではなく、ガス供給会社が自由に価格を決めています。ですので、賃貸物件にお住いの場合、管理会社や物件ごとでガス供給会社は異なることから、必然的にガス料金に差が発生し、場合によっては自分が入居している物件のガス料金が、地域の中で割高であることも、珍しくはありません。




ガス料金が、エリア内で割高という事実を知ってしまった場合、当然クレームをガス供給会社に言いたくなりますが、ただ残念ではありますが、ガス単価を交渉することができるのは、オーナーのみであり、お客様が交渉しても「門前払い」になるだけ。



また、お部屋探しをされる時

家賃

築年数

が一番気になってしまう傾向ですが、お部屋探しの際ガス料金に関しては、あまり気にされない方は殆ど。



ただガス単価が100円でも違うと、毎月のガス料金も大きく変わってくるので、家計を預かるママさん達にとっては、出来たらガス料金は安い方がいいですよね。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、一昨年ガス料金(従量単価)を100円値下げをしました。当物件は数年前にガス供給会社を切り替えた時、ガス料金を今までよりさらに値下げをして頂きましたが、オーナーが直接ガス会社に交渉をした所、100円程度なら値下げをしてもよいと、快諾して頂きました。


本当なら、当物件の従量料金をお知らせして、皆さんが使用しているガス従量単価とぜひ比較してもらいたいと思うのですが、ただここで公開をしてしまうと、他社も対抗処置をしてしまい、価格競争がさらに激化してしまうので、公開をすることはできないものの、ただガス供給会社の担当者の話では、当物件のガス料金は、地域最安値と言っても過言ではないとの事です。






ガスの消費が最も多いのは、ダントツでお風呂の追い炊き。

冬場はお風呂の設定温度を変更することは、難しいので致し方ありませんが、ただ追い炊き回数を減らすだけでも、月のガス料金は大きく異なりますので、もしガス料金を節約したい方は、お風呂が沸いたらできる限り早く入ることと、お風呂のお湯をかさ増し(湯船に水を入れたペットポトルを入れる)することで、水の量を減らすことができ、ガス代が節約できます。



お部屋探しの際は、ガス料金がどのくらいなのかをしっかり確認されたほうがいいかもしれませんね。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。




#ガス料金 #追い炊き #節約 #ガス単価