冬&花粉症の時の室内干しだったら、部屋干し臭ゼロのグレイスロイヤルで決まり!


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


今の時期は気温があまり上がりませんし、また昨日ごろから花粉の飛散が本格的に始まりましたので、洗濯物は中々外干しをすることができにくくなりますよね?


室内干しの最大のデメリットはやはりニオイ。

最近の賃貸物件では、室内物干しができるようになっていますが、室内干しの最大の弱点と言ったら「生乾き」のニオイですよね?


室内干しをすると生乾きのにおいがしてしまう理由について、GUNZE HPによると…

・ニオイの原因は、洗濯物に残った汚れと雑菌。

・部屋干しをすると乾くまで時間がかかるので、雑菌が発生しやすい。


花粉が飛散している時期や雨の日などは、外干しがどうしてもできなくなってしまうので、仕方がなく「部屋干し」をするわけですが、一般的に知られている室内干しの干し方は…


・扇風機や除湿器を使用する

・洗濯物どうしの間隔をあける

・風通しのいいところに干す

・浴室乾燥機をうまく活用する


などとなっていますが、グレイスロイヤルならば、上記を使うことなく、簡単に部屋干しができ、また嫌な部屋干し臭までも抑えてくれる、夢のような室内物干しがあります。


S103/S202号室に設置してある室内物干し。

グレイスロイヤルで現在募集しているS103・S202号室の居住スペースには、自然素材の漆喰を壁に施工してありますが、漆喰を施工した部屋で室内干しをすると、漆喰が洗濯物の湿気を吸収してくれるので、通常のお部屋の室内干しと比べて早く洗濯物を乾かすことができます。また漆喰にはカビを防止する「殺菌効果」があるので、洗濯物に嫌なニオイがつくことはありません。


今まで雨が降った時などは、コインランドリーに行くか、浴室乾燥機を使うか、もしくは嫌なニオイはついてしまうかもしれないが、普通の部屋干しをするしか方法はありませんでしたが、グレイスロイヤルS103・S202号室ならば、部屋干し臭を気にすることなく、部屋干しをすることができるので、もう柔軟剤に頼り切らなくても安心です。


日本においても、コロナウイルスが一部のエリアで感染が確認されていますが、空気中には「目に見えない」ウイルスが沢山あり、室内においてもしっりと予防しなくてはならない時代になってきました。


漆喰は「強アルカリ性」の性質を持っているので、細菌やウイルスの増殖を抑制する効果が期待できます。漆喰が全ての細菌やウイルスの増殖を抑制することはまだ科学的に、証明はされてはいないものの、できる範囲内においてはしっかりと予防をしたいですよね!


お部屋探しの際、参考にしていただければ幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料