初めて賃貸物件を借りる方へ。契約までの流れご紹介。


こんにちは。


初めて賃貸物件を借りる時、どのような手続きをしたらいいのか?また初期費用はどのくらいになるのか?とにかく不安だらけですよね。


賃貸物件を借りる場合、事前に「不動産賃貸物件検索サイト」(SUUMOなど)を利用して、自分が住みたい賃貸物件候補を複数選び、その物件を実際に訪問をして、諸条件などが自分が思っていたものと一致した場合、仮の契約をするのが一般的です。


では、仮契約~本契約に至るまで、どのような手続きが行われるのか…


ステップ①:申込用紙に必要事項を記入して、入居審査を待ちます。

審査には通常2~3日を要します。土日を挟んだ場合には、4~5日かかる場合もあります。


ここではお客様が仮契約された物件の家賃が支払えるかどうか、管理会社の管理担当(家賃保証会社)及びオーナー審査を行います。

特に一番重要となってくるのが、家賃保証会社の審査をパスできるかどうか?

基本的には殆どの方は審査は通る形となりますが、ただ過去に「家賃滞納」があった方などは、保証会社のリストに載っている場合があるので、時間がかかる場合もあります。

ご注意

殆どの物件で、入居時に「家賃保証会社」に保証料を支払うことを必須にしています。

初回の保証料は物件ごとで異なりますが、おおよそ家賃の50~100%が一般的。

また毎年保証料の更新料として1~2万円が別途発生します。


一方、オーナーによる審査とは、ご入居予定のお客様のお勤め先、ご実家が持ち家かどうか(資産があるのか?)などを総合的に判断をして、入居の許可は出します。



ステップ②:契約金の支払い

入居審査を無事に通過された後、おおよそ1週間程度で「ご自宅」に契約書類が郵送で届きます。

書類の中に「契約金請求書」が同封されていますので、期日までに管理会社が指定する口座に振込みをお願いします。(現金では扱いません)



ステップ③:契約書類の準備→ご来店(本契約)

振込完了後、契約書類を作成しますので、必要書類をご準備の上、都合の良い時にご来店をお願いします。


契約者が個人の場合と、法人の場合とでは「必要書類」が異なります。

【個人契約】

●入居者全員の住民票

●身分証明書

●源泉徴収票

●車検証、任意保険証の写し

●連帯保証人の印鑑証明

【法人契約】

●会社案内

●会社謄本

●会社の印鑑証明書

●入居者全員の住民票

●身分証明書

●車検証、任意保険証の写し

平日会社勤めをされている方は、なかなか市役所などに行くことはできませんよね?

甲府市の場合、甲府市役所本庁舎を含む複数の窓口センターで「日曜窓口」を開設。

契約書に必要な「住民票」などを取りに行くことは可能となります。(詳細はこちら)


必要書類を仲介会社に持参し、不備がなければ本契約が完了。

入居日当日にお部屋のカギをもらいに行けば、新生活がいよいよスタートします。



ご入居される前に、管理担当が一度お部屋の設備がしっかりと作動するかどうか、確認はするものの、ただ賃貸に備えづけられている設備は「いつ不具合」が発生するか、予想をすることができません。


万が一不具合などが発生した場合には、お手数ではありますが管理会社までご連絡をお願いいたします。経年劣化が原因と思われる故障などについては、オーナーの方で交換をしますので、無料となります。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#契約 #契約書