即入居可物件は、最短で何時から住めるの?


急な転勤が発令されてしまい、すぐに次の賃貸物件に入居しなければならない時、最短で何時から住めるのか、気になるところですよね。



よく賃貸系ポータルサイト内に「即入居可」といった表記がされてある物件を見ると、明日からでも住めるのでは?とふと思ってしまいますが、では即入居可物件に入居する場合、最短で何時から住めるのでしょうか?


 

目 次

1.即入居可物件とは?

2.通常の賃貸契約にかかる時間とは?

3.お願いすれば契約手続きを早くしてもらうことができるの?

4.まとめ

 
1.即入居可物件とは?

「即入居可」と聞くと、すぐにでも入居ができるというイメージが湧いてきますが、即入居可物件とは『室内クリーニングがすべて完了し、契約手続きが完了したらすぐにでも住める』という意味です。


契約手続きが完了すればすぐに住めると言っても、賃貸借契約が完了するまでには…

①入居申込書に必要事項を記載

②入居審査(家賃保証会社・管理会社審査・オーナー審査)

③初期費用支払い・公的書類の準備

④賃貸借契約書作成、重要事項説明、本契約、カギ渡し

という流れになるので、すぐにお部屋に住めるわけではありません。


では賃貸契約にかかる時間はどのくらいなのでしょうか?




2.通常の賃貸契約にかかる時間とは?

管理会社の担当者から聞いたところによると

通常、賃貸借契約にかかる時間は「およそ2週間」

とのことですが、お急ぎならばもう少し早めることも可能との事。


どうして賃貸借契約書を結ぶまでに、時間がかかってしまうのかというと…


①入居審査に時間がかかる

お客様が「入居申込書」に記載して頂くと、仲介会社ではすぐに審査に移行します。


近年では「家賃保証会社」に保証料を支払うことを必須としている物件が多くなってきたことから、家賃保証会社にまず審査をあげて、お客様が家賃を支払える能力があるかどうかを審査してもらいます。


家賃保証会社は、土休日(年末年始は除く)も営業していますので、結果は数日(早ければ1日~2日)でわかります。家賃保証会社の審査が完了した後は、管理会社審査となります。

 

家賃保証会社の審査について

過去に滞納歴やクレジットカード滞納歴があった方は、その時点で入居審査に落ちてしまいます。また家賃支払い能力がおボーダーライン上にある方は、審査に時間がかかる場合があり、場合によっては「連帯保証人」をつけることを条件に、入審審査を通すということもあります。

 

家賃保証会社の審査通過後は、管理会社審査となりますが、管理会社は土休日営業していないこともあるので、もし審査が土休日にまたがってしまうと、その分審査結果が遅くなります。


管理会社審査では、お客様の人柄を重点的に見て「入居させてもいいか」を判断し、物件によってはオーナー審査もありますので、管理会社審査の結果をオーナーさんに伝えて、オーナー決裁をもらえれば、全ての審査は終了し、次のカテゴリーに移ります。


②初期費用支払い、公的書類の準備が大変

入居審査が完了すると、仲介会社から初期費用の請求書を渡されますので、期日までに仲介会社が指定する口座に振込みをしなければなりません。

最近ではクレジット決済ができる所も増えてきましたが、中にはクレジット決済ができない所もあります。詳細に関しては、管理会社までお問い合わせください。


初期費用の支払いが完了した後は、賃貸借契約書に必要な公的書類を準備しなければなりません。マイナンバーカードを保有されている方は、公的書類をコンビニのコピー機から取得することができます。個人契約で必要となる公的書類とは…

・入居者全員の住民票

・身分証明書

・源泉徴収票

・車検証、任意保険所の写し

・連帯保証人の印鑑証明(連帯保証人をつける場合)


③賃貸借契約書作成、重要事項説明、本契約、カギ渡し


賃貸借契約書に必要な書類が準備出来たら、仲介会社に行って「賃貸借契約書の作成」及び重要事項説明、本契約、カギ渡しとなります。これらは同じ日に行うケースがありますが、トータルで約1時間ぐらいはかかります。



3.契約手続きを早くしてもらうことができるの?

通常の賃貸借契約にかかる時間は、およそ2週間ですが、もしお客様がお急ぎで契約したい場合には、入居申込時に担当者にお伝えして頂ければ、最短で1週間で契約することは可能とのこと。ただし、下記が全て揃っていることが条件となります。


1)入居審査が一発で通過(土休日を挟まないで)

2)家賃保証会社からの連絡をすぐに取る

3)初期費用をすぐに支払う

4)契約に必要な書類をすぐに出せる状態

5)重要事項説明を仲介店舗で受けてもらう


4.まとめ 

即入居可物件は、契約完了後すぐにでも住めますが、契約に至るまでは色々な過程があることから、すぐに住めるわけではありません。


ただ転勤などにより急に引越しをしなければならない方にとっては、入居時期を少しでも早めたいと思いますよね。もし、入居日を少しでも早くしたい方は「即入居可」物件に入居申込し、その時に「入居審査を早くてほしい」と事前に担当者に伝えてもらえれば、至急対応してくれますので、お気軽にお問合せ下さい。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#即入居可 #賃貸借契約 #初期費用

閲覧数:17回0件のコメント