収納OKのキッチンカウンターが標準装備。


こんにちは。


築年数一切関係なく、賃貸物件に備えづけられているキッチンに満足している方は、殆どというより、ほぼ全員「満足していない」と思っているはずです。


その最大の理由は…

■調理スペース・収納スペースが狭い/小さい

■キッチンカウンターが意外に狭い ことが挙げられます。



最近施工されたファミリー向け賃貸物件では、対面キッチンが標準装備かになっているものの、カウンター部分の幅は正直言って狭いので、使い勝手が悪くなる可能性があります。


最近では、プチDIYが流行っているので、比較的簡単にキッチンカウンターを作ることはできますが、ただキッチンカウンターを作る際、お部屋とキッチンカウンターが調和していないと、どちらかが浮いてしまって、室内空間に違和感を感じやすくなります。


そこで…

当物件では空き部屋を順次リノベーションをしていますが、キッチンリノベーションの際に、おしゃれなキッチンカウンターを家具屋さんにお願いをして作ってもらっています。


当物件のリノベーションキッチンは、カフェの空間を室内で味わっていただきと思ったので、あえて既存のキッチン(昔から使っていたキッチン)をリメイクしたもの。

扉部分を無垢材にすることで、まるでカフェのお店にあるようなおしゃれなキッチンに生まれ変わることができましたが、調理スペースや収納スペースの改善もこの際行おうと、調理・収納スペースを兼ね備えた「可動式のキッチンカウンター」を特注で作りました。


キッチンカウンターを移動させることにより、キッチンがL字型や対面型にアレンジさせることができるので、作業効率が格段に良くなり、また料理をしない場合にはキッチンカウンターを収納させることができるので、LDK全体を広く使うことも可能に!



壁付けキッチンは、一見すると使いにくい印象が強いキッチンに見えますが、ただ賃貸の場合、対面キッチンを設置することにより「LDK全体が狭くなる」「夏場はキッチン全体が非常に暑くなる」といったデメリットが発生しますが、壁付けキッチンならこのようなことを心配することはありません。


オシャレで使いやすい当物件のカフェ風キッチンは、これから新生活を送る人にとって、最高のキッチンになると自負しています。


お部屋見学は随時受け付けていますので、お気軽にお問合せ下さい。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#キッチンカウンター #対面キッチン #おしゃれキッチン