古いアパートをナチュラルテイストにリノベーション。山梨おしゃれ賃貸、グレイスロイヤル。


「築年数が経過している賃貸アパート」と聞くと、どうしてもマイナスイメージしか出てこないですよね。

確かに、設備が古いものを使用していると、それだけで室内全体が古臭いイメージが醸し出してしまうので、おしゃれとは程遠い世界だということは、誰もが予想できます。

しかし、室内をリノベーションすると「古臭さ」は解消され、築年数のことを言わなければ、殆どの方はビックリされるはず。さらにリノベーション賃貸は、新築物件と比べると、家賃がリーズナブルなので、お財布にも優しい部分もメリットと言えそう。

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築の2LDK賃貸アパート。

2018年から空き室を順次リノベーションを行っていますが、室内空間は「ナチュラルテイストに特化」したリノベーションを行っているので、賃貸物件に住んでいるとは思えないぐらい、居心地と温もりをいつまでも味わえることができるので、きっと気に入ってくれるはずです。

リノベーション部屋には2つのパターンがあります

エレガントルーム

セカンドライン

ナチュラルキッチン

キッチン

ナチュラルキッチン

原則漆喰

壁紙

壁紙

オリジナル

洗面台

既存の洗面台

琉球畳

和室

琉球畳

フルリノベーション

浴室

水栓のみ交換

当物件では原則リノベーションを行っていますが、2つのブランドに分かれています。


1)エレガントルーム

当物件リノベーションにおいて、上級グレードの部屋。

原則的に、フルリノベーションを行っていますが、一部の部屋においては「再利用」をした設備もあります。できるかぎり「自然素材」を使用することによって、賃貸っぽい部屋から脱却することが可能となったため、カフェのお店にいるような、居心地がいい空間になっています。

2)エレガントルーム・セカンドライン

エレガントルームの「普及版」として、リノベーション個所を限定的にすることによって、家賃を抑えたオトクな部屋。M棟の部屋が対象となります。


ナチュラルキッチンは、全ての工程が手作業

当物件のリノベーション部屋のキッチンは、カフェテイストを味わってもらいたいと思い、リノベーションではまず採用しない「リメイク」を行っています。 キッチン本体は「そのまま活用」しますが、それ以外のものに関しては「一度スケルトン状態」にし、キッチン扉は「無垢材」を採用し、キッチンパネルは新しいものを取付けます。 また本物の無垢材を使用しているため、完成前にオイルステインを塗ることによって、木材の保護及び、汚れが木材内部に浸透するのを予防してくれることから、メンテナンスをする必要性は基本的にありません。(汚れが付着した場合には、軽くふき取るだけでOK)

上級グレードの部屋のみ、ペンダントライト・ダウンライト施工

上級グレードの部屋のみ、ペンダントライト・ダウンライト施工

上級グレードの部屋のみ、LDKに「LEDペンダントライトとダウンライト」を施工しました。カフェの照明といえば、やはりペンダントライトとダウンライト。


両者がなければ、カフェテイストを表現することができません。

そこで、リノベーションを機に両者を取付けることによって、非日常的な暮らしをすることが可能となりました。

上級グレードには漆喰を施工

上級グレードには漆喰を施工

上級グレードの部屋には、漆喰をLDK・和室・洋室の全ての壁に施工しています。

(なお天井は除きます)


通常のリノベーションでは、壁を交換する際には「壁紙を張り替える」場合が多いのですが、どうして当物件の上級グレードの部屋では、漆喰が採用されているのかというと、漆喰を施工することによって、室内の機能性が格段に改善されるからです。


リクシル住宅研究所の調べによると、築年数が経過してくると「室内の機能性(断熱、湿気、防音)」に不満を感じる方が多くなってくるとのことで、そのうちの約3割は「引越しを検討」していることもわかっています。 漆喰を施工することによって「調湿効果」「保冷保温効果」「吸音効果」が期待できることから、一般的な賃貸物件と比べると、室内の機能性は格段に改善されていると、推測できます。

また本格的なカフェのお店では、内装に「漆喰」を採用しています。 漆喰は完全手作業となってしまい、また手作業ならではの「ムラ」が発生してしまいますが、手作業ならではの「温かみ」を感じることができるので、特に女性のお客様から高い評価を頂いております。


世界にひとつだけの洗面台

世界にひとつだけの洗面台

賃貸の洗面台と聞くと、シャワー付きの白い洗面台を思い出す方が、殆どだと思いますが、通常の洗面台は、デザイン性は及第点には達しておらず、またシャワー水栓を使う際、洗面ボウルの底が浅い事から、水撥ねがしやすくなってしまうといった「デメリット」があります。


上級グレードの部屋においては、一部の部屋を除き「世界にひとつだけの洗面台」を設置しています。完全オーダーメイドで市販化されていないことから、お友達にも自慢したくなるような、居心地がいい洗面台。 洗面ボウルには、病院で使用されている業務用のものを使っていますので、底が深いのが特徴。手洗い洗濯をしても、水撥ねの心配がなくなることから「掃除がとてもラク」と、こちらの洗面台を利用されているお客様から、お褒めの言葉を多数頂いております。

フルリノベーションをしたことで、お風呂タイムが楽しめる

フルリノベーションをしたことで、お風呂タイムが楽しめる

浴室は、キッチン同様「古さがどうしても目立ってしまう」部分であることから、たとえきれいに掃除をされたとしても、古いイメージを脱却させることはできません。 そこで、当物件の上級グレードの部屋においては、浴室部分もしっかりとリノベーションをおこなっています。具体的には浴室の大きさと浴槽以外は、すべて新しくすることによって清潔感や高級感を感じることができるので、お風呂タイムが楽しくなること間違いなさそうです。

あえて和室を残し、差別化を徹底

あえて和室を残し、差別化を徹底

賃貸で和室部屋があると、「時代遅れの象徴」的なイメージが付きまとってしまいます。


確かに現在では、ライフスタイルの変化によって「実家に和室部屋がない」方も多くなってきていますし、また賃貸で和室部屋があると「退去時に表替え請求が発生する」ことから、あえて和室部屋を選ぶ人はいませんよね?


しかし、賃貸で和室部屋は「非常に必要な部屋」であることを、多くの方はご存知ではありません。


1)生活音問題に一役買う

賃貸では「足音などの生活音問題」が、よく発生しています。

ひとつの建物の中に「複数」の部屋があることから、生活音が響いてしまうことは、ある意味において致し方がない事ですが、ただ現在の賃貸物件は「洋室化」となっていることから、特に小さなお子さんが室内を走り回ってしまうと、ダイレクトに響いてしまうので、問題になってしまいます。


しかし、畳には「吸音効果」が期待できるので、洋室の部屋と比べると、その効果一目瞭然となります。 2)押入がある

賃貸物件の収納は「足りない」と感じる方が多いことから、近年施工された新築物件では、大型のクローゼットを標準としています。ただクローゼットを充実させる代わりとして、居室が1帖分狭くなってしまうので、人によっては「少し狭い」と感じる可能性が出てきますし、またクローゼットタイプの場合、布団を収納する時、場所をとってしまうのが最大のデメリット。


一方和室部屋においては、押入収納が標準となっていることから、布団などを収納する時とても便利なのはもちろんのこと、使い方次第では「クローゼット以上に使いやすくなる」ので、収納で困るといったようなことには、なりにくくなります。



お部屋探しの際、参考になれば幸いです。

閲覧数:12回0件のコメント