和室生活を体験してみませんか?


おはようございます。

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


さて、最近の賃貸物件(1LDK以上の間取り)では「和室部屋」はすっかりなくなってしまいました。


ファミリータイプの賃貸物件では、和室部屋は定番にありました。

和室部屋が無くなってしまった背景には、ライフスタイルの変化(実家に和室部屋がない)や退去時に、「畳の表替えと襖の張替え代」が必然的に発生することがあげられます。


御退去時は、色々と精算(過失が原因による室内の設備の損傷)しなければならず、また引っ越し費用なども発生するので、出来るだけ退去時にはお金は使いたくはないのが本音ですよね。参考までに、畳の表替え・襖代としてグレイスロイヤルでは約3万円費用が発生します。



でも、ちょっと待ってください!



確かに、通常の和室部屋の場合、御退去時に費用が発生してしまうのですが……現在賃貸物件に御入居されている方の不満点について、和室部屋が解決してくれることをご存知でしょうか?


賃貸物件における、不満点とはどのようなものがあるのか?

よく言われている不満点として挙げられるのは「収納が少ない」「防音問題」の2点です。


①収納が少ない

先程もお話しさせていただきましたが、現在の賃貸物件には「和室部屋」がないのですべて洋室となっています。洋室の場合の収納は、通常「クローゼット」ですが、クローゼットの場合、特に問題となるのが「お布団」や「季節物の服」の収納ができるかどうか?


そこで、活躍するのが「和室部屋に必ずある『押し入れ』」


押入れは、クローゼットより収納力がありますので、お布団や季節物の収納にはピッタリ!

押入れは、お布団や季節物の服以外にも「家電製品」「お子様のおもちゃ」などを収納することができます。(ただし使い方にもよりますが…)よく使うものは取りやすい所、あまり使わないものは、奥に収納すると使い勝手もよくなると思います。



②防音問題

賃貸物件におけるクレーム件数で、常に上位にあるのが「防音問題」。とくにお子様がいるご家庭の場合、お子様が元気なのでどうしても走り回ってしまい、その音が下の階に響いてしまって、ついつい注意を受けてしまう…と、言うケースも多いと思います。


そこで、音の問題も「和室部屋」が解決してくれます。


畳には「音を吸収する効果」があるのでフローリングに比べて下の階に音が漏れにくいという特徴があるので、「例えば「和室部屋」以外は走るのはダメだよ~ 」と約束して頂ければ下の階の方が不快になるケースは少なくなるのではと思います。

これが、フローリングですと、音を吸収することはないので、ダイレクトに下の階に音が響いてしまいます。



グレイスロイヤルは、1993年に建てられた古い物件ではありますので「和室部屋」はいまだにありますが、グレイスロイヤルの和室は、他物件にある和室とは全く違います。


今までの賃貸の和室の常識を覆します。

まず、和室部屋の畳を「琉球畳」に変更しました。琉球畳は通常の畳とは異なり「日焼けがしにくい」というメリットがありますので、基本的に表替えの必要性がないので、御退去時の精算は0円となります。また襖もドアタイプに変更してありますので、こちらも退去時の精算は0円となります。


また色における心理学において、ベージュという色には、筋肉を緊張を解きほぐし、心を癒す効果がありますので、人の肌に近い自然色であるベージュが多く使われているグレイスロイヤル和室には、リラックス効果が期待できます!(^^)!



いかがでしたか?グレイスロイヤルでは、現在募集しているお部屋には「モダンでおしゃれな琉球畳」を導入しています。グレイスロイヤルでは琉球畳を4回導入していますが、お客様からは高い評価を頂いています。


「ストレス解消」や「お子様のお部屋」などにぜひ使っていただきたい和室部屋。


グレイスロイヤルでは現在お部屋を募集しておりますので、一度和モダン的空間が魅力の和室部屋を是非見に来てください。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#カフェ風 #キッチン #おしゃれ賃貸 #仲介手数料半額 #漆喰

#和モダン