和室部屋がある賃貸こそ、子育てには一番最適なお部屋。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営をしております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


1LDK以上の賃貸物件にご入居されているお客様の多くは、「子育て」をされている方が多いと思われますが、賃貸物件での子育ては、周りに気を使いながら子育てをしなければならないので、とても気を使いますよね?



賃貸物件での子育ては、様々な部分において気を使います。

最近建てられた賃貸物件は「洋室化」が進んでいるので、「和室部屋」がひとつもありませんが…


和室と聞くと「ダサい」「お堅い」イメージの方がとても強くなってしまいますが、実は和室部屋は、子育てをするのには素晴らしい環境であると自負をしています。



例えば…

今の時期は、朝と晩はとても寒くなっていますが、フローリングのお部屋では「スリッパ」を常時はいておかないと、足元が寒くなってきますよね?


寒さ対策として、フローリングの部分に「絨毯」などを敷く場合もありますが、幾分かは寒さは和らぐものの、それでも根本的な解決とは至りません。


またフローリングはとても固いので、万が一、小さなお子さんがソファーなどから転落し、打ち所が悪かった場合、病院に連れて行かなければならない状態となりますので、一瞬たりとも目が離せませんよね?




しかし、和室部屋が1つでもあれば、とても安心。

グレイスロイヤルでは、おしゃれでモダン的な琉球畳を敷いた和室部屋が標準装備されています。


和室部屋のメリットとは?

ベビーベッドを活用されている方も多いと思いますが、ベビーベッドの一番の弱点は、柵の部分をしっかり管理をしておかないと、お子さんが転落してしまったり、挟まってしまったりしてしまうこと。


また「添い寝」をしようと思ってもベビーベッドではできませんし、特に賃貸物件の場合では、リビングや寝室などにベビーベッドを置いてしまうと、お部屋全体が圧迫感を感じてしまうことがあり、心理的にもマイナスになってしまいますよね?



しかし、和室部屋を活用した子育てをした場合…

①畳の上に寝かしつければ、お子さんが転落をしてしまう恐れは全くない。

②お布団などを敷けば、添い寝ができて、一石二鳥。

③お布団は毎回出し入れするのが面倒なものの、ベビーベッドのように場所を取らない分、お部屋を有効活用することができる。


ここまでは、和室部屋で子育てをする場合の、よくあるメリットの一部ですが…

グレイスロイヤルの和室部屋の壁には、「漆喰」と呼ばれる自然素材の材料を塗っていますが、漆喰そのものが静電気を寄せ付けないので、壁にホコリやごみなどが付着しにくくなります。


また、漆喰は空気中に二酸化炭素を「吸収」し、冬場の乾燥や夏場の湿気を防ぐ効果(調湿効果)が期待できるので、これから子育てを考えているご夫婦にとって、最高の環境の中で子育てができるのではないでしょうか?



少し時期は早いものの、毎年1月下旬ごろから3月いっぱい頃まで「花粉症」が流行りますよね?意外かもしれませんが、山梨県は花粉症の患者数が全国ワースト1位になるほど、花粉が飛びやすい県となっていますが、実は漆喰は室内に侵入した花粉を舞い上がらせない効果がありますので、普段のお掃除をしっかり行っていたら、花粉症で悩んでいる方も、症状が緩和されると思われます。



いかがでしょうか?

グレイスロイヤルの和室部屋を活用した子育ては、お子さんはもちろんのこと、子育てママさんたちにとっても使い勝手がいいので、子育てがとても楽にできるのではないでしょうか?


グレイスロイヤルが使用している和室部屋の「琉球畳」ですが、通常の畳と比べると「ダニ」の発生率は少ないので、普段のお掃除をしっかりしていただくだけで、お子さんにも安心してお使いいただけます。



お部屋探しの際、参考にしていただければ、幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料