和室部屋の新たな活用方法のご提案。


こんにちは!


これから新婚生活を始める方の多くは、ファミリータイプの賃貸物件に入居されると思いますが、将来お子さんが生まれる場合のことも含めて、少し大きめの2LDK以上の賃貸物件を選んだ方が得策だと思います。

賃貸で子育てをする場合、ベビーベッドを置いて赤ちゃんのお世話をする方が多いと思いますが、ただ賃貸物件の場合、限られたスペースに設置をしないといけませんので、お部屋やが窮屈になってしまったり、またベビーベッドの柵をしっかり管理をしておかないと、転落事故が発生することも否定はできません。


また赤ちゃんが小さいうちは、ご主人の仕事のことを考えて、寝室を別にするご家庭も多いと思いますが、ベビーベッドが置いてあると、赤ちゃんが泣きだすたびに「立ち上がる」ことになりますので、身体的負担も大きくなるので…


そこでグレイスロイヤルからのご提案とは…

和室部屋で子育てをしてみてはいかがですか?

畳と聞くと「古臭い」といったイメージが先行してしまいますが、それは昔の話。

最近ではおしゃれな畳があり、グレイスロイヤルで採用している畳は「縁」がない琉球畳。

畳を交互に置くことにより「市松模様」となり、お部屋がとってもおしゃれな空間に大変身

します。


実は畳にはクッション性能があり、フローリングのお部屋と比べると、けがをするといった危険性はとても少ないんです。ですのでベビーベッドの代用として畳の上に「布団」を敷いてもらうだけで、ベビーベッドの代用になりますし、また深夜寝ている時におむつ交換をする場合でも、いちいち立ち上がらなくてもいいので、スムーズにおむつ交換ができます。


またこちらの琉球畳は、通常の畳と比べると「ダニ」の発生が少なく、上級グレードのお部屋全てに「自然素材の漆喰」を施工してあることから、身体的負担(ホルムアルデヒドを再放出させない)を減らすことができます。


お部屋探しの際、参考にしていただければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#和室 #子育て #琉球畳 #漆喰