在宅ワークが本格化したからこそ、地方に移住してみませんか?


こんにちは。


新型コロナウイルスの影響により、在宅ワークが本格化しましたよね。

在宅ワークになると、基本的に毎日会社に通う必要性がなくなることから、会社の近くに住まなくてもいいので、あえて都心に住む必要性もありませんよね。


都心から郊外に住むことにより、どのような影響をが出るのか…?





①都会の喧騒を忘れさせてくれるので、ゆったりとした生活ができる。









②同じ間取りなのに、郊外に出たことで都心の半値以下で部屋が借りられる。










③都心と比べて物価が安いので、暮らしやすい。また地方都市では「待機児童数ゼロ」の所が多いので、子育てもしやすい。






地方都市に住むことにより、特に家賃の部分では大きな恩恵を受けられるので、在宅ワークが本格化している方にとって、移住を検討されてみるのもいいのではないでしょうか?



地方都市に移住することになっても、会社の方には定期的にいかなければならないと思われますが、ただ都心に行く際アクセスが悪ければ、ある意味移住などはすべきではありませんよね。



グレイスロイヤルがある山梨県甲府市は、都心へのアクセスがとてもよい環境となっています。



甲府駅から新宿方面に行く際、特急電車は基本的に30分に1本の割合で運行されていますので、とっても便利。また甲府駅は全ての特急電車が停車する駅なので、利便性が高い駅。


また乗車日が事前にわかっている方は、JR東日本が運営しているウエブサイト・えきねっとより「トクだ値」切符を購入すると、最大で35%割引で特急電車に乗れます。



少しでも安く東京方面に行きたい方は、JR甲府駅南口から発車している「中央高速バス」がおススメ。


高速バスの最大のメリットは、料金の安さ。

平日限定にはなりますが、ウエブ回数券(2枚)がなんと3300円という驚異的な安さ^^

運行時間も早朝5時からとなっているので、朝一で東京方面に行くのにもとっても便利です。



山梨県は、車社会ということもあり、公共交通機関はそれほど(甲府駅周辺以外は)発達していませんので、基本移動は車となります。

JR甲府駅周辺には、有料駐車場が充実しているので、電車や高速バス利用の際にはとっても便利。また駐車料金も平日なら1000円前後とリーズナブルになっているので、連泊してもそれほど高くはありません。



甲府市は、自然豊かな場所が至る所にあるので、とても住みやすい場所と言えます。

また観光地として有名な「富士五湖」「清里」「身延・久遠寺」等に行く際、甲府から約1時間ぐらいで行けるので、アクセスがいいのもメリットのひとつ。



甲府市を第二の故郷として、移住を検討されてみてはいかがでしょうか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#移住 #在宅ワーク #住みやすい #甲府