夏も冬も快適に過ごせる。自然素材の漆喰のお部屋。


こんにちは。


賃貸物件は、戸建て住宅とは違い、ひとつの部屋に設置されている「窓」の数が少ないので、どうしても湿気が溜まりやすくなります。



夏の季節は、冷房をつけなければ、気温以上に「蒸し暑さ」を感じてしまい、冬の季節は暖房を使用せざるを得ませんので、どうしても室内が乾燥気味になってしまいます。


最近では「空気清浄」「加湿」「除湿」機能を併せ持った『空気清浄機』が販売されているものの、1台数万円してしまうので、全ての部屋に設置することは正直難しい所。ただ、加湿や除湿をエアコンなどの機械類に依存してしまうと、毎月ランニングコストが発生してしまいますよね。


当物件の一部の部屋には、自然素材の漆喰を施工しています。

当物件の一部の部屋(壁)には、自然素材の漆喰を施工していますが、漆喰を施工することにより、加湿器や除湿器を使用しなくても、快適に過ごすことができます。また漆喰の効果は半永久的、もちろん毎月のランニングコストはかかりませんので、とっても経済的。




免疫力が弱い小さなお子さんにも安心。

漆喰には、室内の湿気を吸収/放湿する作用(調湿効果)があり、湿気が多い夏の季節は、余分な湿気を漆喰が吸収し、逆に暖房器具を使用する回数が多い冬の場合は、室内が乾燥状態となった時、漆喰が湿気を放湿してくれるので、室内の乾燥状態を防ぐことが可能になります。



また今年は新型コロナウイルスの影響により、室内においても感染予防を余儀なくされていますが、実は漆喰には(漆喰)壁に付着した「ウイルス」や「細菌」の増殖を抑制する効果が期待できると言われています。


漆喰が新型コロナウイルスに効果があることは、まだ実証されていないものの、通常の壁紙では上記のような効果は期待できない以上、少しでも快適に過ごしたいと考えている方にとっては、漆喰はとても魅力的ですよね。



来月10日前後の予定で、リノベーション部屋を完成させる予定ではありますが、今回のリノベーション部屋にも、もちろん漆喰を施工します。

甲府市内で2LDK賃貸物件をお探しの方は、ぜひこの機会に漆喰部屋に囲まれた当物件にご入居されてみてはいかがですか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#リノベーション #漆喰 #ウイルス対策