太宰治が通っていた温泉。

こんばんは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル オーナー 長田 穣です。今日もブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


先日ですが、久しぶりに温泉に温泉に行ってきました!(^^)!



甲府市朝日にあります「喜久乃湯温泉」。

気分をリフレッシュしたいとき… 疲れて温泉に行きたいと直感で思った時…

真っ先に喜久乃湯温泉さんが出てきます。


ここの温泉の創業はなんと!「昭和元年」

西暦に直すと1926年。今年で92年目を迎える老舗の温泉です。


喜久乃湯温泉さんの魅力とは?

◎施設内が昔懐かしい温泉施設を彷彿させる ◎昭和の文豪「太宰治」が通っていた。



それでは2つの魅力について、長田が独断と偏見で開設したいと思います。 【施設内の温泉施設】入口を入るとすぐに靴箱入れがあり暖簾をくぐると…


昔懐かしい「番台」

なんと「番台」があるんですよ!(^^)!

今では、券売機で入浴料金を支払いますが喜久乃湯温泉さんでは、番台にいるスタッフの方に入浴料を支払います。


おおよその温泉施設では、ロッカーの中に服などを入れて、お風呂に行きますが 喜久乃湯温泉さんの場合は…


ロッカーの傷そのものも長い歴史を物語っています。

喜久乃湯温泉さんの歴史を感じさせる昔懐かしいロッカーが今でも現役で使用されています。 中には、ロッカーのカギを持ち帰る人がいるらしく・・・



このような張り紙が貼ってあります。皆さん、カギは持ち帰らずにしましょう!





また、脱衣所の上の部分には…今では貴重な「企業広告看板」。昭和にタイムスリップした感覚ですよね~。(と言っている自分も昭和生まれ!(^^)!)


昭和の文豪・太宰治は一時期近くに喜久乃湯温泉居住していたことが、太宰の著書の中でも記されています。(以下、「一回想の太宰治」より)




毎日午後3時ごろまで机に向かい、そこから近くの喜久之湯に行く。その間に支度しておいて、夕方から飲み始め、夜九時頃までに、六、七合飲んで(後略)。


太宰が住んでいた家は、太宰の母が探してくれたものでしたが家賃が安い所を選んだので、ガス・水道などのインフラが整備されていなく、一日に何回も井戸端に往復して水をくまなければ、手も洗えなかったと記しています。 太宰の著作本に、喜久乃湯温泉さんの名前が入っているなんて、すごい事ですね~。


今月は、年度の切り替えということもあり忙しい日々が続くと思いますがお休みの日には「昭和の癒し」を最大限味わえる「喜久乃湯温泉」に行かれ見てはいかがですか?


今日も最後までブログを読んでいただきましてありがとうございます。


【喜久乃湯温泉】

甲府市朝日5丁目14-6 ☎055-252-6123

営業時間 10:00~21:30  定休日 毎週水曜日

入浴料 大人400円 小学生170円 小学生未満70円


#山梨 #甲府 #大里町 #グレイスロイヤル #賃貸 #アパート

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #仲介手数料半額 #漆喰

#喜久乃湯温泉 #太宰治