室内に潜む生活臭。グレイスロイヤルのリノベ部屋ならニオイ気にならない!


どのご自宅であったとしても、生活臭は必ずと言っていいほど発生してしまいます。

なぜ生活臭が発生してしまうかというと、その原因は実がキッチン。


ダイキンHPによると、住まいのニオイは

キッチンで発生し、壁に染み付くとのことです。


近年施工された新築物件においては、若い世代人気が高い「対面キッチン」が施工されていますが、対面キッチンはリビング内の様子を伺いながら料理ができる一方で、キッチンがリビング側に向いていることから、どうしても調理中に発生してしまう「ニオイ」がリビング内に広まってしまい、その結果賃貸では基本的に「壁紙」を使用していることから、ニオイが染みつきやすくなり、生活臭の発生原因となってしまっています。


室内の生活臭は、ニオイになれてしまうので家族は気づかない場合が多い

これは、換気扇の問題ではなく、対面キッチンを設置するとによって発生してしまうデメリットであるので、致し方がないことではありますが、ただ生活臭が壁に染み付いてしまうと、そこに暮らしている家族は「ニオイになれてしまう」ので、生活臭が発生していることに「気づきにくく」第三者からの指摘(アドバイス)で初めてわかってしまうと、恥ずかしい思いをしてしまいますよね。


生活臭を軽減させるためには、室内を除湿+換気が有効的と言われていますが、ただ毎回除湿器やエアコンの除湿モードを使うとなると、ランニングコストが気になってしまって、家計を預かるママさん達にとっては、あまり行いたくはないというのが本音ではないでしょうか?



グレイスロイヤルのリノベ部屋なら生活臭ゼロ生活へ

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベーション部屋なら生活臭ゼロ生活へ

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過している物件ということもあり、2018年から空き室を順次リノベーションを行っています。


上級グレードの部屋のみとなってしまいますが、室内の壁(LDK・和室・洋室)に「自然素材の漆喰」を施工していますが、漆喰を施工すると消臭効果が期待できるので、生活臭が気にならない生活ができるので、漆喰部屋にご入居されているお客様からも「生活臭が気にならない」とお褒めの言葉を頂いております。



なぜ漆喰が生活臭対策になるのか?

漆喰には消臭効果や調湿効果が期待できます

漆喰の原料は消石灰。

消石灰の表面内部は「目視することができない」ぐらい細い穴が沢山開いていますが、ニオイの元となる物質を穴が吸い込み、消石灰と化学反応・分解して無害なものにしてくれます。


これは他社のデーターではありますが、漆喰を使用したモデルルームで「換気を絶対にしない」条件でニオイが強烈に出る「焼き肉」をしたところ、焼き肉が終了して数時間後には、ニオイそのものが気にならなくなり、翌朝には「焼き肉をしたことを忘れる」ぐらい、ニオイが残っていなかったとのことです。


換気をしない状態で焼肉をする行為は、ママさん達にとっては「ケンカを売るような行為」ですが、最悪の環境下でも漆喰の消臭効果は期待することができる以上、生活臭対策としては、最も頼りになる塗り壁と言えそうですよね。ちなみに漆喰の効果は「半永久的」に続きます。



部屋干ししても嫌なニオイゼロ

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベ部屋なら部屋干ししてもニオイゼロ

花粉やPM2.5の飛来時期、また梅雨時は外干しができないので、どうしても室内干しになってしまいます。


室内干しをすると、洗濯物が乾くまでに時間がかかり、そのことで雑菌が洗濯物につきやすくなるので、どうしても嫌なニオイがついてしまいがちに。

最近では「室内干し用」の柔軟剤などが発売されていますが、ただ柔軟剤の量を多くしてしまうと、ニオイがきつくなってしまって「香害」を引き起こしてしまい、周りの方に迷惑をかけてしまう恐れが出てきます。


漆喰が施工されてる部屋においては、洗濯物から出る水蒸気を、漆喰が吸湿してくれるので、通常の室内干しを比べると「時短乾燥」が可能となり、また嫌なニオイがつきにくくなるので、当物件の漆喰部屋にご入居されているお客様からは、高い評価を頂いております。


洗濯物を室内干しにする時、エアコンの除湿モードを使う方もいるとは思いますが、エアコンを使用するとなると、電気を使用しなければならないので、ある意味においてはもったいないことですが、漆喰ならばランニングコストはかかりませんので、オトクになります。



漆喰の知られざるパワーとは?

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベーション部屋なら漆喰が施工されているので、エアコン電気料金を節約できます

漆喰の知られざるパワーとは、調湿効果。

これからの時期は、気温と湿度が高くなるので、昼夜問わずエアコンを使用しなければ生活することが難しくなります。


ただ室内で快適に過ごすためには、設定温度を低くする必要が出てきますが、設定温度を低くしてしまうと「消費電力が多くなる」ので、どうしても電気料金が高騰してしまいます。かといって、設定温度を高くしてしまうと、逆に室内がムシムシしてしまい、ストレスが溜まってしまいますよね。


実は漆喰には、調湿効果がありますが、これは室内に余分な湿気があった場合には、漆喰が湿気を吸湿してくれるので、通常夏場においては室内でエアコンを全く使用しない状態では「蒸し暑い状態」が続いてしまい、この様な状況下では生活すること自体が難しくなりますが、漆喰部屋でエアコンを使用しない場合は、暑さは感じますが「ムシムシ」感はほとんど感じられなくなるので、エアコン設定温度を低くしてしまうと「室内が底冷え状態」になるので、温度を高くしないと体がばててしまいます。


電気代節約も夢ではない

漆喰が室内に施工されていることによって、エアコン設定温度を低くしなくても、快適に過ごすことができるということは、必然的に電気料金を節約させることが可能となってきます。


実際に「漆喰を施工」したお部屋にご入居されているお客様に、電気料金について確認したところ、以前入居していた賃貸アパートと比べると「夏場の電気料が月に2000円安くなっていた」とのことでした。(ちなみに電力会社は同じところとのことです)