家賃が安い物件には注意が必要です。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



近年では、スマートフォンから物件検索される方が多くなってきています。

賃貸物件をお探しの場合、大手賃貸物件検索サイトから「希望エリア」「希望家賃」「希望築年月」などを選択をして、物件検索をする方がほぼ100%という時代ですので、いかに自分たちの物件が成約候補に残れるようになるか、各管理会社では様々な工夫をしています。



賃貸物件を探されている方にとって、一番重要視されていることといったら、やはり「家賃」ではないでしょうか?


毎月一定額の家賃を払い続けますので、出来れば少しでも安い物件を探したいというのが本音。しかし、家賃が安い物件というのは必ず何かがあると思ってもらっても過言ではありません。



家賃が安い物件によくあるパターン

家賃が安いということは、必ず何かしらの理由があります。


近年の賃貸物件の探し方は、大手賃貸物件検索サイトを利用する方が圧倒的に多くなっていますが、実は貸主側も大手賃貸物件検索サイトの相場家賃をつぶさにチェックしています。


まず家賃が安い理由としては、一日も早く成約させたいことから家賃を大幅に値下げを行う場合があります。家賃が下がれば当然、借主サイド的にはお得度が増しますので、サイトの閲覧件数が伸びてきます。ただこのような物件の多くは、原状回復程度(壁紙の張替え)しか行われていないケースが殆どです。


二番目として挙げられるのは、退去のリフォームをしないケース。通常は退去後リフォームを行って募集を行いますが、中にはリフォームを全くしないでそのまま貸し出すケースもあります。このような場合は、大幅に家賃を減額する傾向があります。



住人さんトラブルは、どの物件でも起こり得ることですが、管理会社の報告や自分の今までの経験から言うと、圧倒的に家賃が安い物件はトラブルが起こりやすいと言えます。


ただし、全ての物件がそういう物件ではありませんので、家賃が安いという安易な考えで入居するのは控えたほうが良いのかもしれません。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #仲介手数料無料 #漆喰

#子育て






4回の閲覧