家賃が安い物件に入居する場合には、敷金・礼金を確認!


賃貸物件を探される時、毎月支払う「家賃」はできるものならば「節約」したいところ。

現在では、SUUMOなどといった「不動産賃貸物件検索ポータルサイト」から物件を探すのが当たり前の時代になりましたので、家賃が安い物件を探すのは、比較的簡単にできますが、ただ家賃が安い物件の一部には、カラクリがあるので注意が必要です。




家賃が安い物件は、基本的に「築年数が20年以上経過」した古い物件が中心となり、室内をリノベーションをしていない物件は、相場家賃より安い賃料設定を行っている場合が多いです。


家賃の安さに注目して、お部屋を契約しようと思った時、ある費用が設定されていると、せっかく家賃が安い物件を選んだのに、余分な費用を支払うことになるので、損をしてしまうことも…



余分な費用とは、実は敷金と礼金。



敷金はご入居時に管理会社(オーナー)に預け入れるお金で「担保」的な要素が強い費用。ご入居期間中に、お客様が故意に室内の設備などを壊さない限りは、退去時に返金される費用ですが、礼金はもともとは、賃貸物件入居許可を出してもらったオーナーさんに対する「謝礼」歴な費用のことで、今の時代は物件供給数が圧倒的に多いので、時代にそぐわない費用。(礼金は敷金とは異なり、退去時には返金されません)


ただ、一部の築年数が経過している物件では、どういうわけか「礼金」が設定されているので入居の際には注意が必要です。


#初期費用 #敷金 #礼金


閲覧数:2回0件のコメント