家賃が滞納しそうになった時は、すぐに管理会社に相談して下さい。


昨年発生した新型コロナウイルスの猛威は、今年に入ってからも続いており、日本経済に深刻なダメージを与え続けています。


このようなことから、業種によっては「給料・ボーナスカット」を余儀なくされ、家賃の支払いが厳しい方も多いと思います。もし、家賃が滞納しそうになった時には、すぐに管理会社に相談をして下さい。


管理会社は「家賃滞納」問題に関して「シビア」に感じています。


近年では入居時に「家賃保証会社」に加入することを必須としている物件が多くなったことから、管理会社的には「家賃滞納」にはなっていないものの、家賃保証会社からは「滞納情報」が報告されます。


滞納額が多くなれば、それだけ返済するのが厳しくなることは、管理会社も把握していますので、もし家賃が滞納しそうになった場合には、管理会社では「公的貸付」をご紹介しています。


コロナの影響により収入が減少してしまった方向けに、現在


「緊急小口資金」「総合支援資金」


という公的貸付制度があり、緊急小口資金は「一時的な貸付」(最大20万円以内・1回)総合支援資金は「最大3か月分の生活費」(単身:月15万円/2人以上世帯:月20万円)が貸し付けられ『無利子・保証人なし』『据置期間1年』という好条件となっているので、無理のない範囲内で返済をすることができます。


管理会社の担当者の話によると、公的貸付制度のことをあまりご存知ではない方が多く、この制度を知ったことによって「家賃滞納を免れた」方は多いとのことです。また収入減少状態が続いた場合は、家賃が安い所に引っ越すというのもひとつの手です。





退去費用・新居における初期費用は発生してしまいますが、管理会社によっては管理物件内の住み替え時の「仲介手数料を無料」にしている物件もあり、また家賃が今までの物件と比べて1万円安い場合、年間12万円節約することができます。


山梨県の賃貸業界における初期費用総額は、家賃4か月分と言われているので、仲介手数料分無料分を引くと、おおむね初期費用の総額は家賃3か月分。1年以上ご入居すれば、浮いた家賃で初期費用分を相殺することができ、その後は生活費に回すことができることから、引っ越した方が得になる場合もあります。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#家賃滞納 #緊急小口資金 #総合支援資金


閲覧数:5回0件のコメント