家賃並みに住宅が買えるはずはありません。


こんにちは。


賃貸に入居されている方の多くは、いつか自分の家を持ちたいという夢がありますよね。

確かに賃貸の場合、何年住んでも「自分の部屋」には決してなることはありませんし、また賃貸生活の場合「生活音」にある程度気を付けなければご近所トラブルに発展してしまう恐れがあることから、将来的には小さくても「自分の家」が欲しいと思うのは当たり前のこと。


それに拍車をかけるのが昨今の「住宅ローン減税」と「住宅ローンの低金利」

一番恩恵を受ける人で、10年間で400万円減税+家賃並みの返済額=誰もが実現できそうなマイホームという図式が出来上がりますが、ただこの言葉をうのみに信じてしまうと、住宅ローン破産に追い込まれる可能性が出てきます。



今年、日本においても新型コロナウイルスが大流行してしまい、経済が一時期低迷してしまいました。外出自粛要請が約1か月続いたこともあり、多くの人が収入減を余儀なくされてしまいましたが、万が一収入が減少した場合、住宅ローンの返済が厳しくなります。


住宅ローンで一番怖いことは、収入が減少してしまった場合、家計が急激に悪化してしまうこと。借りた当時は余裕があった方でも、不況になれば仮に返済はできたとしても、生活を維持することが難しくなってしまう場合が多いので注意が必要です。



今朝の「山梨日日新聞」の一面に衝撃的な記事が掲載されていました。

新型コロナウイルスの感染拡大で、急激に雇用環境が悪化しつつあり、調査をした帝国データーバンク甲府支店は「解雇や雇止めを実施する企業が増える可能性がある」と指摘。


企業の業績が悪化した場合、派遣社員やパート・アルバイト従業員をリストラをするのがセオリーですが、ただ新型コロナウイルスの影響がさらに拡大した場合、企業側も正社員の整理を行わざるを得なくなります。



万が一、住宅ローンの支払いがきつくなり「自宅を売却」しようと思っても、売却額がローンより少なければ、売却後もローン返済をし続けないといけなくなります。



将来のことは誰もわかりません。

ただ昨今の住宅購入を見てみると「家賃を支払い続けるのがもったいない」と安易に考えている方が非常に多く、戸建て購入の最大のデメリットしっかり把握していない方が多すぎです。


賃貸に入居し続けても「自分の所有物」にはなりません。

しかし、賃貸は万が一家賃の支払いがきつくなった場合、家賃が安い所に住み替えをするだけで簡単に解決することができるので、ストレスを抱え込むようなことはありません。



戸建てに住みたいと考えている方は、ぜひデメリットの部分をしっかりと話し合ったうえで、決断してほしいですね。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#戸建て購入 #住み替え #新型コロナウイルス