家賃保証会社と連帯保証人。どこが違うの?


賃貸物件を借りる際、必ず入居審査が行われます。

その際、万が一家賃を滞納した場合、貸主に代わって債務を払ってくれる方がいなければ、管理会社やオーナーさんは、誰に請求すればいいのか、困ってしまいますよね。


今から20年ぐらい前までは、契約する際に「連帯保証人」を必ずつけなければ契約することができませんでしたが、近年においては、大手管理会社物件においては「連帯保証人」の代わりに「管理会社が指定する保証会社」に加入することを必須としています。


お部屋探しをされている方にとって「家賃保証会社」「連帯保証人」の意味合いが、イマイチわからない方も多く、またどうして管理会社はしきりに「家賃保証会社を利用」したがるか、わからないですよね?