top of page

家賃保証会社には入りたくはない。回避する方法はないの?


近年の賃貸業界では、大手はもちろんですが街の不動産屋さんが管理している物件であっても、入居時に「家賃保証会社加入必須」としているところは非常に多く、募集している物件の約80%以上は、どこかしらの家賃保証会社を利用しています。

入居時に家賃保証会社の利用必須としている物件は非常に多くなってきています

家賃保証会社を利用すると、万が一「家賃が滞納」した場合でも、家賃保証会社が一時的に家賃を立て替えてくれるので、管理会社からの催促はなくなります。


しかし、家賃立替はあくまでも「立替」なので、家賃保証会社に後日返金しなければなりませんし、また家賃保証会社に支払う保証料(契約時/年1回更新料)は『掛け捨て』なので、見方を変えるとお客様にとっては「損」をしてしまうのではと思われます。



では、家賃保証会社を利用しないでも入居することができるのか?


ネット上においては、賃貸物件のオーナーさんに直接交渉をして「家賃保証会社の初回保証料」を負担してもらうことにより、保証料支払いを回避させる方法が掲載されています。


確かに、お客様から「家賃保証会社の初回保証料を立て替えてくれるならば、今すぐ契約する」と言われてしまうと、空室を1日でも埋めたいオーナーさんの心理状況とすると、初回保証料は家賃1か月分相当の場合が多いことから「そのぐらいなら」という気持ちが先行して、つい同意をしてしまいがちになりますが…



ただ、はっきり言ってこのような交渉を持ち掛けてくるお客様は、管理会社審査でまず落とされます。

家賃保証会社の保証料をオーナーさんに支払ってほしいといった発言をしてしまうと、入居審査で落とされる可能性が高くなります

家賃保証会社の利用そのものは、オーナーが管理会社に理想してくれと頼んだわけでもなく、管理会社が「家賃滞納リスク」「家賃滞納回収業務の負担軽減」を目的に、導入したものであり、家賃保証会社の保証料をオーナーが立て替えるということは、管理会社からしてみると「ケンカ」を売るようなもの。


もし、家賃保証会社を利用したくなければ、家賃保証会社必須ではない物件に入居すればいいことですし、また一人のお客様に「家賃保証会社の費用をオーナーが立て替える」ことをすれば、それが習慣化となってしまい、入居審査の公平性においても問題が出てくると思われます。


ちなみに当物件において「家賃保証料をオーナーさんに立て替えてほしい」と、管理会社や仲介会社から相談を受けた場合「入居拒否」という判断をさせてもらいます。


また管理会社においても、オーナーさんに対して「費用負担」を要求するような方は、入居後お部屋をしっかりと使っていただく事が難しい=クレーマーになる恐れがあるという判断をしてしまう可能性もゼロではなく、管理会社の中には「ブラックリスト掲載」してしまうところもあると思います。


家賃保証会社を利用したくなければ、連帯保証人必須の賃貸物件に入居すればいいだけのことですが、ただし家賃保証会社を利用しなくてもいい物件は、近年では非常に少なくなってきましたので、注意が必要です。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#家賃保証会社 #賃貸借契約


閲覧数:12回0件のコメント
bottom of page