家賃保証会社不要物件はあるの?


賃貸物件を借りる際、昔なら「連帯保証人」近年では「家賃保証会社」をつけなければ原則として賃貸物件を借りることができません。


連帯保証人もしくは家賃保証会社をつける最大の理由は、万が一お客様に「家賃滞納」が発生し返済が滞ってしまった場合、債権回収先がなければどこに請求すればいいのかわからなくなってしまいます。


連帯保証人をつける場合、特に費用などは発生しませんが、家賃保証会社を利用する時「初回保証料」として家賃50~100%(物件や管理会社によって異なる)また年に1回更新料(おおよそ1万~2万円の所が多い)が発生するので、お部屋を借りる方にとっては痛い出費になります。


では、家賃保証会社を利用しなくても賃貸物件を借りることができるのでしょうか?



1.大手管理会社は100%無理   

大手管理会社が管理している物件では、100%家賃保証会社を利用しています。


大手管理会社においては「家賃滞納」に非常にシビアな考えを持っていて、家賃保証会社を利用する前は、家賃回収業務を行うため夕方~夜の時間帯にかけて「回収業務」を行い、回収するまで何度もお部屋もしくはお客様に連絡をして、回収業務を行っていました。


もし、お客様が家賃返済に消極的な場合、連帯保証人に請求させてもらうことになります。連帯保証人に指定されている方が「家賃を支払わない」場合、提訴という流れになりますが、ただ裁判を起こすためには「多額の費用」が発生し、その費用は全額オーナー負担となってしまうことから、今では家賃部分の債権保証している家賃保証会社を利用しない管理会社はまずいないと思ってもらってもいいと思います。


ですので、お客様が・・・

「家賃保証会社を利用したくない」

「連帯保証人をつけるから、家賃保証会社を付けないでほしい」

「家賃1年分を一括で支払うので、家賃保証会社は利用したくない」

等のようなことを繰り返して主張した場合、管理会社では「入居させるとトラブルを引きおこす可能性がある」と判断してしまい、入居をお断りする可能性が非常に高くなります。



2.UR賃貸なら、家賃保証会社不要 

大手管理会社物件に入居する場合、100%の確率で家賃保証会社を利用しなければなりませんが、ただ賃貸会社の中には「家賃保証会社不要」のところもあります。


入居時「家賃保証会社不要」として有名なのが、独立行政法人都市再生機構(UR賃貸)


テレビコマーシャルが頻繁に流れているので、一度ぐらいはUR賃貸のことを知っている方も多いと思いますが、UR賃貸のメリットは『礼金・仲介手数料が無料』と『家賃保証会社が不要』の2点。(敷金は発生します)


礼金、仲介手数料が無料で家賃保証会社を利用しなくてもいいことから、初期費用を大幅に抑えることができるので、初期費用を抑えたいと考えている方にとっては、とっても魅力的な賃貸と言えます。


また通常の賃貸物件では2年に一度「更新料」が発生するところが多いのですが、UR賃貸の場合は更新料まで無料になるので、長期入居を考えている方にとっては、さらに魅力を感じてしまいます。


但しUR賃貸物件に入居する場合には、平均月収がURが定める基準月収に達していないと入居することができません。

 

〈世帯で申し込む場合の基準月収額〉※家賃の4倍の月収がないと難しい

①家賃が8.25万円未満の場合…家賃4倍額(家賃6万円→月収24万円)

②家賃8.25円以上20万円未満…月収33万円(固定額)

③家賃20万円以上…月収40万円


〈単身で申し込む場合の基準月収額〉

①家賃が6.25万円未満の場合…家賃4倍額(家賃6万円→月収24万円)

②家賃6.25円以上20万円未満…月収25万円(固定額)

③家賃20万円以上…月収40万円    (参考:URくらしのガレッジ)

 

3.まとめ

家賃保証会社不要物件について、賃貸系ポータルサイトで検索してみると、数は少ないですが多少あるというのが現実。ただ家賃保証会社不要物件は、正直それなりの物件ですので、室内設備のクオリティーやデザイン性、機能性を求めている方にとっては、あまりおススメはできません。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#家賃保証会社 #UR賃貸 #初期費用

閲覧数:6回0件のコメント