家賃保証会社必須なのに連帯保証人をつけろと言われた。どうしてなの?


賃貸業界においては、近年入居時に「管理会社が指定する家賃保証会社」に加入することを入居条件としている物件が、非常に多くなってきています。


大手管理会社物件ではもちろんですが、街の不動産会社が管理している物件においても、最近では家賃保証会社必須の所が増えてきています。


近年では家賃保証会社必須物件が増えてきています

家賃保証会社の利用が多くなってきた背景には、本来連帯保証人の対象となるべきである「ご両親の高齢化」「ご両親高齢化に伴う連帯保証人としての役割不足」「家賃回収業務の委託化」などがあります。


家賃保証会社を利用することによって、万が一ご入居者様が「家賃滞納」した場合、家賃保証会社が一時的に「家賃を立て替え」てくれて、また家賃保証会社を利用する場合には、連帯保証人が不要になってきますが、一部のお客様ではありますが、入居時に連帯保証人を付けなければならないケースが出てきます。



一部のお客様限定ではありますが、入居時に連帯保証人を付けなければなりません

家賃保証会社を利用しているのに、どうして連帯保証人を付けなければならないのか、疑問に思う方も多いと思いますが、これは家賃保証会社からの指示で、連帯保証人をつけることを条件に、入居審査を通すことを意味しています。


どうして連帯保証人を付けなければならないのか、詳細に関しては教えてはくれないものの、管理担当者の話によると、収入的に家賃を支払える能力があるかどうか、ギリギリの場合には、連帯保証人をつけることを条件としているとの事。


お客様にとっては、寝耳に水といった感じになってしまい、お客様の中には「連帯保証人」を付けられない方もいると思います。もしこの場合には、別の家賃保証会社に審査を回す場合もあり、保証会社を変えたら通常通りでOKの所もありますので、もし連帯保証人を付けられない場合には、担当者にご相談ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#家賃保証会社

#連帯保証人

#賃貸借契約

#入居審査

4回の閲覧0件のコメント