家賃保証会社要加入とあった場合、加入しないといけないの?

更新日:2021年1月19日


近年では入居時に「家賃保証会社」に加入していただく事を必須としている物件が非常に多くなってきました。


家賃保証会社とは、お客様が万が一「家賃を滞納」した場合、家賃保証会社がお客様に代わって「一時的に家賃を立て替えて」くれるもので、これは入居時に「初回保証料」と年1回の「更新料」を支払うことで、万が一の時には、家賃保証会社が対応してくれます。(ただし、立て替えた家賃は後日返金しなければなりません)


賃貸物件に入居される方にとって、家賃保証会社に支払う「保証料」は掛け捨てと同じ扱いになるので、費用がもったいないと思う方も多いと思います。


そこで、お客様が『連帯保証人をつけるから「家賃保証会社加入は見送りにしてほしい」』と仲介会社に相談した場合、仲介会社ではお客様の要望を聞き入れることができるのかというと、残念ではありますが、ご要望に対してお応えすることができないばかりか…


入居審査の段階で入居拒否という判断を下してしまう可能性が高くなります



また、家賃保証会社に支払う初回保証料を「オーナー」さんが支払ってもらえれば即入居してもいいと投げかけるお客様も実際のところいるとのことですが、管理会社の担当者の話によると、この様なことをご相談するお客様は「原則として入居拒否」の判断を下すとのこと。


つまり、家賃保証会社加入必須と謳っている物件においては、お客様自身が保証料を支払っていただく事が入居条件となり、家賃保証会社に保証料を支払いたくはないと言ってしまうと、入居そのものができない恐れが高くなるので、もし家賃保証会社の保証料を支払いたくはない方は、家賃保証会社不要物件に入居されることをおススメしますが、ただし家賃保証会社不要物件の数は、年々減少傾向となっているので、狭き門となっています。


#家賃保証会社 #初回保証料


閲覧数:4回0件のコメント