寝苦しい夜でも、漆喰を施工したリノベ部屋なら、場合によってはエアコンなしでも寝れるかも?


梅雨明け直後から、連日厳しい暑さが続いています。

全国有数の猛暑エリアのひとつの「山梨県甲府市」においても、梅雨明け直後から、最高気温が35℃以上を超える「猛暑日」が続いているので、日中の時間帯は「エアコンなし」での生活はまず難しいですが、夜の時間帯になっても「気温が高い」状態が続いていることから、エアコンをつけてお休みになられている方も多いと思われます。


賃貸物件においては、原則として1台分はエアコンが備え付けられているものの、築年数がある程度経過している物件においては、寝室にエアコンがついていない物件もあり得ます。


もし洋室にエアコンを取り付ける場合、オーナーさんに事前承諾を得た上で「取付」となりますが、エアコン購入費用及び取付台に関しては、借主負担となってしまうので、頭が痛いところではありますが、ただ夜になっても気温が25℃を下回らない「熱帯夜」になってしまうと、エアコンなしで寝ること自体は難しくなってしまうので、洋室にやむなくエアコンを購入・設置するか、又は夏の期間だけLDKに寝るか、二者択一となってしまいます。


通常の賃貸では、エアコンなしでの就寝は難しくなります

洋室においてエアコンなしで寝ることに対しては、正直熱中症の危険性が増してくるので、おススメすることはできませんが、ただエアコンがない部屋で寝る場合、扇風機やサーキュレーターを用いることになるものの、気温と湿度が高い状態が続いているので、生暖かい風しか当たらないことから、あまり効果がないと思う方もいるはずです。


夏場において、エアコンがついていないと「蒸し暑さ」が強く感じてしまいますが、実は蒸し暑さの正体は、室内の気温以上に「湿度」が高い状態になっているからと言われています。


つまり室内の湿気をコントロールすることができれば、気温以上に暑さを感じにくくなることから、人によって(エアコンの風が苦手な方)ではありますが、扇風機やサーキュレーターだけでも、お休みになられることは理論上可能となってきます。



山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルでは、室内に漆喰を施工しています

現在募集中のグレイスロイヤルS101号室には、漆喰を施工しています

現在募集中のグレイスロイヤルS101号室においては、ナチュラルテイストに特化したリノベーションを行っていますが、LDK・和室・洋室の全ての部屋に「調湿効果が期待できる漆喰」を施工しているので、エアコンなしの状態であっても「蒸し暑さ」はそれほど感じられないので、エアコンなしでの生活も可能となってきます。


実際に、漆喰を施工したリノベーション部屋にご入居中のお客様に、以前リノベーション後の暮らしについてインタビューしてきたところ、そのお客様は「エアコンの風が苦手」ということもあり、就寝する部屋にエアコンをつけるかどうか迷っていて、サーキュレーターの風で寝苦しさを感じた場合、エアコンを取り付けようと思っていたとのことですが、漆喰の働きによって、寝苦しさは感じられなかったことから、エアコン設置するのはあきらめたとのことでした。(記事詳細についてはこちら



お部屋探しの際、参考になれば幸いです。



閲覧数:4回0件のコメント