対面キッチンを選ぶ方は、残念ですがリビング空間に調理のにおいが充満することは覚悟してお使いください。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



最近建てられた新築物件は、時代のニーズをしっかりと取り入れて作られていますので、特に若い世代からは高い評価をもらっています。


最近の新築物件では「対面キッチン」が主流となりました。

対面キッチンのいいところと言ったら、リビングの様子(特にお子さんやテレビ番組)を見ながら料理ができる点。お子さんが小さいうちは、なかなか目を離すことができませんが、対面キッチンならば、常に様子を見ることができるので、子育て中のママさんたちにとっては頼もしいキッチンと言えそうです。



しかし、対面キッチンにもデメリットがあります。

先日のブログでもお伝えさせてもらいましたが、対面キッチンは約4帖程のスペースを使っていますので、ダイニング・リビング空間が狭くなってしまいます。リビング・ダイニングを広く使いたい方は、壁付けキッチンを選ぶか、LDK全体が18~20畳ほどの広さがある物件を選ばないと、家具などを置いたときに空間が狭くなってしまうので、人によっては圧迫感を感じてしまう可能性が高くなります。



また対面キッチンのデメリットとして挙げられるのは、ニオイ。



リビングと対面した形で、キッチンを置いてある関係上、壁付けキッチンと比べて、ニオイがリビング内に広まってしまう恐れが十二分にあります。


キッチンとリビングが相対するところにある関係で、どうしても調理中のニオイが広まってしまうことはやむを得ないことではありますが、例えば料理をしている最中に来客があった場合などは、窓を開けるなどといった対応をしなければならないので、面倒と感じる人にとっては、デメリットになってしまいます。




グレイスロイヤルのキッチンは、壁付けキッチンではありますが、調理台がついた可動式のキャビネットが、現在募集しているお部屋に標準装備されていますので、キャビネットを対面に移動させることにより、対面風キッチンにもなります。


また、上級グレードのお部屋(S103/S202)のリビング内には、消臭効果が高い「漆喰」を施工しているので、ニオイがきつい食材を使っても、3時間後には8割消臭することが可能となります。


いかがでしょうか?

現在募集しているグレイスロイヤルのキッチンは、壁付けキッチンではあるものの、対面式にもなり、また調理のにおいを消してくれる「漆喰」が上級グレードのお部屋には、標準装備となってるので、翌朝リビング内が匂うということはもうなくなりそうです。



これなら安心してニオイが出るものも食べられますよね!




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料