山梨でデザイナーズ賃貸と言えば、グレイスロイヤル


山梨県内において、賃貸物件を探されている大多数の方は、おしゃれな賃貸アパートに住みたいと考えているはずです。


ただおしゃれな賃貸アパートに住むとなると、やっぱり「築年数が浅め」もしくは「新築物件」に限定的になってしまうため「予算的に難しいかな?」と思っていませんか?


最近では、山梨県内の賃貸物件でも、室内をリノベーションを行っている物件が多くなってきていて、しかも家賃が新築より数万円安いことから、今まで予算的に厳しかった方であっても、入居のハードルが一気に下がることになるので、お部屋探しがとても楽しくなります。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築の2LDK賃貸アパート。

築年数が気になってしまいますが…

数年前に全棟「外壁塗装実施済み」となっているため、外観的には「築古さ」は一切感じられないばかりではなく、外壁塗装を行うことで「建物寿命を延ばす」ことができることから、耐震性に関しても何ら気にすることはありません。


当物件では2018年以降、空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、おうちでいつでも気軽に「おうちカフェ」を楽しんでもらえるように、ナチュラルテイストに特化したリノベーションを展開しているので、お部屋を見た瞬間「100%の確率」で皆さん驚かれます!


それでは、山梨県でもおそらく当物件だけとなるであろう、おしゃれなナチュラルテイスト部屋の詳細について、お伝えさせてもらいます。


 

目 次

1.カフェのお店を彷彿させるナチュラルキッチン

2.なんでペンダントライトがあるの?

3.光熱費削減に期待大!

4.毎日の身支度の時間が超楽しくなる洗面台

5.癒しどころ満載の和室部屋

6.バスタイムが楽しくなる浴室

7.まとめ

 

1.カフェのお店を彷彿させるナチュラルキッチン

カフェのお店を彷彿させるナチュラルキッチン

賃貸業界におけるファミリータイプ物件で、一番重要な設備がどこかと言えば、誰もが「水回り」と回答するはずであり、その中でもキッチンは、非常に重要視されます。


キッチンを見れば、その部屋がどのような部屋なのか(オーナーさんの考え方)がわかるぐらい、よくわかりますが、当物件ではリノベーションを機に「おしゃれなカフェのお店」にあるような、居心地がいい「ナチュラルキッチン」を導入しています。


一般的にリノベーション物件というと、設備を交換するというイメージが強いのですが、当物件では「交換」ではなく「オリジナルなもの」を積極的に導入しています。なお、当物件のリノベーション部屋には、2つのブランドがあり、フルリノベーションを施した「Elegant room」と、リノベーションの個所を限定的にすることによって、家賃をリーズナブルに抑えた「Elegant room Second line」がありますが、今回のブログでは上級グレードの「Elegantroom」を取り上げたいと考えております。



賃貸のキッチンというと、どうしてもメーカー既製品を導入しているケースが多いのですが、ただデザイン的な面と機能面において、正直お客様が満足して頂けるようなキッチンではないと推察できます。その背景には、賃貸にキッチンを設置するとなると、お部屋の広さに適したキッチンを導入しないといけないので、戸建て住宅で導入されているような「広いキッチン」は中々置けないのが現実。


お洒落であることはもちろんのこと、機能性に関しても「使い勝手が良い」ものにすべく、当物件では「あえて今まで使用していたキッチンを生かした」リノベーションを展開。


キッチン本体はそのまま使用していますが、キッチン扉やキッチンパネルは、リノベーションを機に「新しいもの」に交換し、換気扇フードは「再塗装」して元の位置に戻していますが、見た目的には「今まで見たこともないようなおしゃれなキッチン」になりますので、内見にこられたお客様は、皆さん驚かれます。



また、使い勝手をさらに良くするために、調理台を付けた可動式のキッチンカウンターを設置。調理台(ステンレス)を設置することによって、新たな調理スペースが生まれることから、食材の下ごしらえをする時などは、とても便利になりますし、カウンターを対面に移動させることによって、憧れの対面キッチンにも早変わり!


さらに、カウンター内には「収納スペースも充実」していることから、二人暮らしをされる方であれば、食器棚を購入しなくても、十分すぎるほどのスペースを確保することができるため、モノが溢れない部屋を作ることができます。



2.なんでペンダントライトがあるの?

おしゃれなペンダントライト

賃貸物件における照明に関しては、原則として「お客様の方で準備して頂く」ことの方が圧倒的に多く、特にLDK・洋室に関しては、新築物件であっても「照明器具が標準装備」になっていない方が多いです。


ただ、お客様の方で照明器具を用意して頂く事になってしまうと、室内の明るさを確保するためには、どうしても「シーリングライト」を用意しなければなりません。シーリングライトは、室内全体を効率よく明るくさせることができる一方、生活感丸出しとなってしまうため、おしゃれな部屋に住みたい方にとっては、ちょっと残念賞といった感じになってしまいます。


しかし、当物件の上級グレードのお部屋においては、LDKのみ「ダウンライトが4基」ついていますので、生活感は一切感じられないばかりではなく、何とペンダントライトが標準となっているため、まるでおしゃれなカフェのお店に来たような、温かみを感じられるお部屋になっていることから、ご入居者様からは高い評価を頂いております。



3.光熱費削減に期待大!

光熱費削減に期待大!

近年では、石炭や液化天然ガスなどの輸入価格高騰の影響によって、ガス代や電気代が値上がり傾向となっています。光熱費が値上げになってしまうと、当然ながら家計を預かる奥様達にとっては、頭が痛くなってしまう問題になってしまいますが、しかし、頑張って節約しようと思っても「どうしても限界」がありますので、結果的には光熱費を抑えることは難しくなってしまいます。



光熱費の部分において、一番頭が痛くなってしまうのは、夏場のエアコン電気代と、冬場のガス代ですが、当物件の上級グレードのお部屋に入居して頂ければ、光熱費削減も夢ではありません。



(1)夏場の電気代が高くなる理由とは?

夏場の電気代が「急激に高くなる」最大の理由は、ズバリ「エアコン」

梅雨が明けると、一気に連日猛暑日が続き、また夜になっても、気温が下がりにくくなってしまい、さらに「湿度が高い状態」になってしまうため、ジメジメ感を解消するために、どうしてもエアコン設定温度を「低く」しないと、生活すること自体が難しくなってしまいます。


エアコン設定温度を低くすればするほど、「消費電力が多く」なるので、電気料金もその分高くなってしまうのが、夏場における電気料金が高くなる背景です。


(2)調湿効果が期待できる漆喰を施工

上級グレードのお部屋においては、LDK・和室・洋室の壁に「自然素材の漆喰」を施工しています。漆喰を施工することによって、消臭効果や抗菌・抗ウイルス効果などが期待できますが、漆喰を施工することによって、室内の調湿対策を勝手にしてくれることから、夏場はジメジメ感があまり感じられなくなり、冬場は逆に「放湿」してくれることから、快適な室内環境を作ってくれます。


漆喰が施工された部屋においては、エアコンをつけていない状態であっても、一般的な部屋と比べて「ジメジメ感」は、さほど感じられないことから、エアコン設定温度を低くしなくても、快適に過ごせられます。さらに「エアコンご利用時に標準装備になっている雨戸シャッター」を閉めていただく事によって、消費電力をさらに抑える効果が期待できます。


(3)プロパンガスではありますが、地域最安値

地方都市においては、都市ガスがまだまだ普及していないこともあるので、都市ガスが通っていないエリアでは、プロパンガスとなっています。


ガスの使用量が一年の中で「最も多く」なるのは、冬場。

家庭内において、もっともガス消費量が多いのは、お風呂の追い炊きであり、冬場は夏場と比べて「設定温度を高く」しなければお風呂に入ることができないため、必然的にガス消費量も多くなってしまい、ガス料金が高くなってしまいがちになります。


ただ、プロパンガスの場合、ガス料金(正確に言うとガス単価)は、ガス会社が自由に価格を決めていることから、物件によってガス料金がまちまち。ガス使用量が同じであっても、単価が異なれば、毎月のガス料金は「雲梯の差」と言ってもいいほど違ってきますが、当物件のガス料金(ガス単価)は、地域最安値と言ってもいいぐらい、単価を抑えているので、家計に優しいガス料金と言えます。




4.毎日の身支度の時間が超楽しくなる洗面台

毎日の身支度の時間が超楽しくなる洗面台

お出かけする前には、必ず身支度をしなければなりません。

ただ賃貸にある洗面台は、99.9%既製品を導入しているので、正直に言うと「どの物件でも同じような」感じになってしまいます。


しかし、当物件の上級グレードのお部屋(一部のお部屋は除きます)には、世界にひとつだけのオリジナルの洗面台が標準装備。キッチン扉などにも使用している「無垢材」で製作した完全オーダーメイドの洗面台で、見た瞬間「おしゃれ」以外の言葉は連想されないぐらい、おしゃれな洗面台となっています。


また、賃貸で設置されている洗面台は、洗面ボウルが浅めであるため、どうしても水撥ねがしやすくなってしまいがちになりますが、オーダーメイドの洗面台には、病院で使用されている「業務用の洗面ボウル」を採用しているため、洗面ボウルの底が「深い」ことから、水撥ねの心配はまずしなくても大丈夫です。



5.癒しどころ満載の和室部屋

癒しどころ満載の和室部屋

ライフスタイルの変化によって、今の時代では「実家に和室部屋がない」方が多くなり、また賃貸物件で「和室部屋」があると、退去時に表替えをしなければならず、その費用は「全額借主負担」となってしまうため、和室部屋に住みたいという方は「ほぼ皆無」と言っても過言ではありません。


このような背景があることから、築年数が経過している物件で、和室部屋がある所では、和室から洋室に間取り変更するところが多くなってきており、今では「和室部屋がある物件」自体が、非常に少なくなってきています。



ただ、和室を洋室に間取り変更したとしても、和室感はどうしても残ってしまうことから、それならば「若い方でも受け入れやすいような和室部屋」を作れば、逆に面白いと考えて、当物件ではあえて和室部屋を残しています。


そこで当物件では、おしゃれでモダン空間を味わうことができる「琉球畳」を採用しています。ベージュ色の琉球畳を採用することによって、色彩学的に「リラックス効果」が期待できるので、和室部屋にいるだけで「リラックス」することが可能となり、さらに琉球畳は、一般的な畳と比べて「日焼けがしにくい」ことから、退去時において「表替えが不要」となるため、ご入居期間中に「故意過失による破損や汚損」をしない限り、原状回復費用が発生することはありません。



6.バスタイムが楽しくなる浴室

バスタイムが楽しくなる浴室

一日の疲れをしっかりと取るためには、入浴することはとても重要です。

ただリノベーション賃貸の一部では、予算の都合上「対応していない」所も多いため、おしゃれとは無縁と言わんばかりの「残念な浴室」が結構多いのですが、当物件の上級グレードのお部屋においては、浴室もフルリノベーションしているので、毎日のバスタイムが楽しくなります。


さらにリノベーションを機に「鏡も通常より大きめ」のものを採用しているため、洗顔をする際には、とても重宝します。



7.まとめ

甲府市内で新生活を始めるならグレイスロイヤル

いかがだったでしょうか?


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数こそ経過していますが、募集している部屋は「リノベーション対応」しているので、所謂「築古さ」は一切感じられず、自然素材をふんだんに使用していることから、生活感を感じさせないばかりではなく、カフェの様な空間となっているため、いつでも気軽におうちカフェを堪能することができます。


甲府市内でお部屋探しをされている方は、ぜひ当物件で新生活を始めてみませんか?

現在募集しているお部屋が気になる方はこちら!▶▶今すぐお部屋を確認する


 

おススメ記事

・山梨で賃貸を探すなら、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む

・部屋探しをする時、築年数は考慮すべき?▶今すぐ記事を読む

・どうして家賃にお金をかけるべきなの?▶今すぐ記事を読む

 

#デザイナーズ

#山梨

#賃貸

#グレイスロイヤル

#おうちカフェ


閲覧数:4回0件のコメント