山梨でフルリノベーション賃貸といえば、グレイスロイヤル。


賃貸物件で「おしゃれな部屋」と聞くと、新築物件や築年数が浅い物件のことを連想されると思いますが、実はおしゃれな部屋=築年数が浅い物件ばかりではありません。


築年数は経過してしまうものの、室内の内装や設備を一新させる「リノベーション」というものがあります。築年数が経過していたとしても、設備類などを新しくした部屋は、まるで新築物件の部屋にいるかのような雰囲気を味わうことができるだけでなく、家賃の部分においても、リーズナブルになっていることから、新築物件に入居することができるぐらい、ある程度の収入がある方が、リノベーション賃貸に住むことによって、必然的に貯蓄することが可能となってくるため、家計にとってはとても助かりますよね!


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいては、1993年築ということもあるので、2018年以降「空き部屋をすべてリノベーション」しています。

当物件のリノベーション部屋は、部分的なリノベーション部屋と、フルリノベーション部屋の2つに分かれていますが、フルリノベーション部屋は、今までの賃貸物件ではまず見かけることができない「ナチュラルキッチン」や「漆喰」など、ナチュラルテイスト空間になっているため、まるでおしゃれなカフェの様な暮らしをすることができるので、お客様からは高い評価を頂いております。


 

目 次

1.ナチュラルキッチンで毎日カフェ気分

2.機能性がとてもよい漆喰は、エアコン電気代を節約?

3.和モダンが魅力的な和室部屋は、若い世代からも人気!

4.毎日の身支度が楽しくなるおしゃれな洗面台

5.高級ホテルにいるようなおしゃれな浴室

6.まとめ

 


1.ナチュラルキッチンで毎日カフェ気分

ナチュラルキッチンで毎日カフェ気分

当物件のリノベーションにおいて、多くのご入居者様から高い評価を頂いているのが、こちらのナチュラルキッチン。


実はこのキッチンは「今まで使用していたキッチンをリメイク」したもの。


通常、賃貸物件のリノベーションというと「室内設備交換」が当たり前となりますが、ただ賃貸用のキッチンは「デザイン性」の部分において、正直おしゃれとは程遠く、また壁付けキッチンから対面キッチンにする場合、総費用が100万円近くにまでなることから、それならば「あえて既存のキッチンを生かしたリノベーションをした方が面白い」ということになり、現在のキッチンが生まれました。


キッチン扉には「無垢材」を使用しているので、時間の経過と共に「色が変色」していくので、ナチュラルテイスト空間が好きな方には、たまらないキッチンと言えそうです。

また今までのキッチンでは、調理スペースがとても狭いので「お世辞にも使いやすいキッチン」とは到底言えないものだったことから、リノベーションを機に「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を開発・設置しています。


キッチンカウンターを新設したことによって、調理スペースが従来の約2倍ぐらいになったことから、食材などの下ごしらえをする時「使いやすくなった」ことから、ご入居者様からお褒めの言葉を多数頂戴しています。


LDKにはおしゃれなペンダントライトが標準装備

さらにLDKには、ダウンライトとペンダントライトが設置しています。

LDKのみ照明が設置していますが、そもそも賃貸物件では「照明器具」はお客様の方で準備して頂くものとなっているので、照明器具をお持ちではない方にとっては、購入・取り付けの手間が省けるので、とても嬉しいことですよね!


また、ライティングレール上に「専用フック」を取付けることによって、お好きな観葉植物や雑貨などを吊るすことができるので、キッチンの魅力をさらに高めることができます。



2.機能性がとてもよい漆喰は、エアコン電気代を節約?

機能性がとてもよい漆喰は、エアコン電気代を節約?

フルリノベーション部屋においては、他社リノベーション物件との「差別化」を図るために、LDK・和室・洋室の部屋の壁に「漆喰」を施工しています。


漆喰とは、昔から使用されている「塗り壁材」のことで、石灰に「ふのりや粘土」等を練り合わせたもの。漆喰は完全手作業となることから、コスト=人件費がどうしても掛かってしまうので、賃貸物件ではまず採用されることはありません。


しかし、漆喰を室内に施工すると「室内の機能性が向上」するので、通常の賃貸物件と比べると「暮らしやすい」ことは確かです。


漆喰のパワーを一番感じるものといえば、やはりエアコンの効き。

日本は高温多湿気候であるため、梅雨時~9月末ぐらいまでは「湿気や気温が高く」なることから、扇風機だけでは生活することは難しくなり、エアコン依存生活になってしまいます。

ただ、通常の部屋でエアコンを使用するとなると、気温以上に湿気が気になることから、どうしても「エアコン設定温度を低く」してしまいますよね?実はエアコン(冷房)温度を低くすれするほど「消費電力は多く」なるので、どうしても電気料金が高くなってしまいます。


実は漆喰には、室内が多湿傾向になった場合、漆喰が吸湿/室内が乾燥状態になった場合には、放湿してくれる「調湿効果」が期待できます。


調湿効果によって、室内が多湿傾向になりにくいことから、エアコン設定温度を低くしなくても「快適」に過ごすことができるので、今までのお部屋と比べると「夏場の電気料金を抑える」ことは十分可能となり、実際に漆喰部屋にご入居されているお客様からも、電気料金が安くなったと報告があるぐらい、漆喰効果は期待できると思われます。


 

2021年12月24日 追記

漆喰に関しては、抗菌・抗ウイルス効果が期待できます。

それは、漆喰壁に付着した「ウイルスや細菌」の増殖を抑制してくれる効果があるため、通常の所謂壁紙と比べると、明らかに効果的と言えることから、特に小さなお子さんがいるご家庭にとっては、最適な環境と言えるはずです。

(ただし、全ての細菌などに対応しているわけではありません)


また漆喰は「遠赤外線の効果」があるため、保温効果が期待できます。

一般的な壁紙のお部屋と比べると、少ない暖房でも快適に過ごすことができるため、光熱費節約が期待でき、雨戸シャッターを閉めて活用して頂けると、さらに効果的です。

 


3.和モダンが魅力的な和室部屋は、若い世代からも人気!

和モダンが魅力的な和室部屋は、若い世代からも人気

昔の賃貸物件には、和室部屋が1つぐらいは必ずあったのですが、近年施工された新築物件において、和室部屋はまずないと言っても過言ではありません。


どうして和室部屋がなくなってしまったのかというと・・・

①実家に和室部屋がない方が多くなったから

②賃貸で和室があると、退去時に表替え費用が必然的に発生するから

③畳=ダニというイメージが強くなってしまい、敬遠されがちに


おおよそこのようなイメージが先行してしまっているので、集客強化のために「今まで和室部屋があった物件では洋室に間取り変更」する所が多くなり、今の時代和室部屋が普通にある物件というのは、ある意味で絶滅危惧種的な存在になっています。



当物件は、築年数が古いということもあるので、和室部屋が標準装備になっていますが、ただ和室部屋を洋室に間取り変更したとしても「和室感」は、どうしても残ってしまうので「違和感」を感じやすくなってしまいます。


そこで当物件では、あえて和室を残しつつも、若い世代にも受け入れやすい和室空間を提供しようと考え、畳とおしゃれな琉球畳に変更しました。


正方形で縁がない琉球畳は「部屋を広く見える」効果が期待でき、さらに「畳の置き方を変える」ことによって、市松模様を楽しむことができるので、堅苦しい和室のイメージから脱却することができます。


さらに琉球畳は「日焼けがしにくい」ことから、ご入居期間中に「故意過失による破損や汚損」がなければ、表替えは不要となるので、お客様負担はありません。また、通常の畳と比べて琉球畳は「ダニが発生しにくい」+漆喰による調湿効果によって、ダニの心配はされなくてもいいぐらい、安心してお使いいただくことができます。



4.毎日の身支度が楽しくなるおしゃれな洗面台

毎日の身支度が楽しくなるおしゃれな洗面台

リノベーションされた賃貸物件において、洗面台は変更されていない可能性が高いです。


賃貸で使用されている洗面台は、シャワーがついた洗面台で、使い勝手的には及第点に達しているものの、デザイン性の部分においては「残念賞」と言わざるを得ないぐらい、おしゃれとは程遠いものであるので、洗面台をおしゃれにしたい方は、剥がせられるシートなどを使って、デコレーションされている可能性が高いです。


ただ、当物件のフルリノベーション部屋(一部の部屋は除く)においては、完全オリジナル洗面台を導入しています。


こちらは、家具屋さんにお願いをして特別に作ってもらった「特注品」で、当然ではありますが市販化されてはいません。無垢材で作った洗面台には、病院などで使用されている業務用の洗面ボウルを採用。底が深いことから「水撥ねの心配」は殆どないとのこと。


また化粧水や整髪料などを置く「収納棚」も完備してるので、使い勝手がいいのはもちろんのこと、木の温もりを感じながら身支度ができる点においては、賃貸では当物件以外ありえないと思われるので、ついお友達に自慢したくなりますよね!



5.高級ホテルにいるようなおしゃれな浴室

高級ホテルにいるようなおしゃれな浴室

リノベーション賃貸は、キッチンなどの設備や内装などを交換していることが多いので、古さは全く感じられなくなるのですが、ただし浴室に関しては、リノベーション賃貸の中には、全く手を付けていない物件もあります。


どうして手を付けていないのかというと、ズバリ「コストが高くなる」からです。


築古物件の浴室は、最近の新築物件の浴室と比べると「少々狭い」ことから、新築並みに浴室を広げるとなると、最低でも50万円近い費用が掛かってしまうので、ぶっけんによっては浴室はリノベーションしない所もあります。



一方、当物件のフルリノベーション部屋においては、浴室の大きさと浴槽以外は「全て一新していますので、古さはまず感じることはありません。




余談ですが、リノベーション前の浴室はこちら。昔の賃貸を連想させるような水栓を使用していましたが、リノベーションを機に、水栓&鏡も一新しています。






6.まとめ


リノベーション賃貸は、古くなった賃貸物件のお部屋の設備&内装を一新しているので、築年数さえこだわらなければ、比較的受け入れやすい部屋であることは、間違いありません。


ただその一方で、古くなった部屋を改装することになると、本当にしっかりと工事がされているか、心配になる方も当然いると思われます。


当物件に関しては、リノベーション工事中「オーナー自ら工事中の部屋に行って、工事模様を撮影」し、公式サイト(Twitter・Instagram)で配信していることから、手抜きをしていることはまずありえませんし、またもし工事中に「緊急修繕」が発生した場合には、しっかりと補修工事を施した上で、工事を再開しているので、安全性の部分に対しては、しっかりと対応しています。


もし、万が一入居後に不備が発生した場合でも、当物件では他物件以上にオーナーが対応していますので、ご安心ください。


閲覧数:1回0件のコメント