当物件では、法人契約も受け付けています。


こんにちは。


居住用の賃貸アパートを借りる際、個人で借りる場合と、会社名義で借りる場合があります。

転勤などの理由で、賃貸アパートに入居する方は、おそらく会社名義で賃貸アパートを借りる場合がありますが、法人で借りる場合は個人で借りる場合と比べて「初期費用」が高額になる恐れが出てきます。


法人契約のメリット

●個人と比べて審査が早い

●敷金、礼金などの諸費用が経費で対応できる。


法人契約のデメリット

●築年数が経過した物件でも「敷金・礼金」を設定している物件が殆どなので、初期費用が高額になる可能性がある。

(敷金・礼金の支払い:会社or個人どちらかは、会社ごとで異なる)

●法人の場合、家賃無料期間(フリーレント)がつかない場合がある。

●賃貸借契約時に提出する書類が、個人契約と比べて多い。(登記謄本・法人印鑑証明等)

●会社で家賃/築年数の上限を設定している場合がある


法人契約の場合、会社で出せる家賃、初期費用の上限が決まっている所が多いので、会社が負担をしてくれる所であれば、法人契約の方がオトクになる場合があります。


当物件でも法人でのご契約をすることができますので、もし会社名義でお部屋を借りたい場合には、ご連絡ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#法人契約 #賃貸借契約 #初期費用 #経費