意外な方法でインフルエンザを予防できる?


こんばんは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


厚生労働省の18日発表によると、現在全国的に「インフルエンザ」が大流行しているとのことです。 大流行の発生・継続が疑われる「警報レベル」とされる30人を今季初めて上回っていて、昨年より約1週間早く、警報レベルを出しました。



休校や学年・学級閉鎖をした保育所や幼稚園、小中高校は、583施設

インフルエンザの予防と聞くと、まずは「予防接種」が頭に浮かぶと思いますが、予防接種以外にも、自分たちができる予防方法としては…


 ・ 人混みや繁華街への外出を控える    ・適度な湿度の保持

 ・ 外出後の手洗い            ・ 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取


等といったことを実践されている方も多いのではと思いますが、今日たまたま報道番組を見ていたら、意外な実践がインフルエンザ予防になるとのことです。



歯磨きがインフルエンザの予防?

それは、歯磨きがインフルエンザを予防してくれるとのことです。


一般社団法人 日本生活習慣予防協会によると、口腔内の細菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素を出すため、口腔を不潔に保っているとインフルエンザに感染しやすくなり、歯周病による炎症もウイルス感染を促進させるとのことです。


そこで、 口腔ケアを行い、口腔内雑菌を減少させることで、口腔内雑菌が産生するノイラミニダーゼの発生を少なくすれば、インフルエンザ感染を抑制できる可能性があるとのことです。実際に介護施設で歯科衛生士が、高齢者に対しブラッシングや舌磨きの指導を実施したところ、通常の歯磨きをしていた施設に比べてインフルエンザ発症率が10分の1に激減することができたとのことです。(詳細なことは、こちらをご覧ください)


歯磨きでも、インフルエンザの予防ができることは寝耳に水といった感じでしたが、インフルエンザも含め、予防をするためには、日頃からコツコツ行うことが大切なのではと、ふと思いました。


今後寒い日が続き、体協管理が難しいとは思いますが、お体には十分ご留意ください。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。