敷金なし物件は退去費用が高いの?



最近の賃貸業界では、新築物件や築年数が浅い物件を除いては、敷金が最初から設定されていない、所謂「敷金なし」物件が増えてきています。


敷金がない物件は初期費用は安くなりますが退去時に精算が必要な場合は実費となります

敷金は初期費用の中に含まれている費用なので、敷金が無料物件はその分初期費用が安くなるので、お財布的には喜ばしいことではありますが、ただ敷金がないということは、退去する時どうなるの?と疑問に思う方がいますよね。


今日のブログは、敷金が設定されていない物件は退去費用が高くなるのかどうかについて、お伝えいたします。


目 次

1.そもそも敷金とは?

2.敷金は基本的に返金されるもの

3.退去費用を発生させないようにするためには?

  1)タバコは室外で吸う

  2)浴室換気扇は常時つけっぱなし

  3)キッチン清掃

4.まとめ 



1.そもそも敷金とは?


敷金とは入居する際に仲介会社(管理会社)に預けるお金のことで、入居期間中に、万が一設備を壊した場合には、退去時に敷金から相殺され残金が残った場合には、返金されます。


一方、敷金が設定されていない物件においては、入居期間中に発生させてしまった故意による損傷に関しては、退去時に精算する形となるので、敷金が設定されていない物件と比べると、退去費用は高くなります。



2.敷金は基本的には返金されるもの



敷金はそもそも預入金という意味合いが強く、管理会社からの話によると、丁寧な生活をしていればそもそも修繕費用などは発生しにくいものとのこと。


よくありがちな事例として「壁紙の日焼け」「冷蔵庫を置いたことによる電気ヤケ」「家具などを置いたことによる床の凹み」などは、時間が経過と共にどうしても発生してしまうものであることから、仮に上記のような現象が発生したとしても、退去時に精算させられるようなことはありません。


ただし…

●タバコのヤニが原因による壁紙の黄ばみ

●通常使用では考えられないキッチンの油汚れ

●換気が徹底されていないことが原因による壁紙のカビ

●壁や床のひっかけキズ

●畳・襖がある賃貸アパート  など

上記に該当した場合、通常使用で発生したものではない=故意によるものと認定され、退去時に修繕費用が発生する確率が高くなります。もし敷金を入居時に支払っていた場合には、相殺となります。



3.退去費用が発生させないようにするためには


実はちょっとした行動をしてもらうだけで、退去費用を抑えることは可能になります。

これはものすごく簡単なので、ぜひ実践して下さい。



1)タバコは室外で吸う

愛煙家の人にとって、室外でタバコを吸うことに抵抗を感じる方も多いと思われます。

ただ、もしタバコのヤニの原因で室内の壁紙が「黄ばみ」になってしまうと、黄ばんだ壁紙一面分の費用を請求されます。


一般的な壁紙交換の単価は、1㎡=1200円程度


黄ばみが部屋全体にまで広がっていた場合、天井+すべての壁を交換しなければならないので数万円程度の費用が必然的に発生してしまうので、もし退去費用が気になる方は、タバコは外で吸われたほうがベスト。



2)浴室換気扇は常につけっぱなしにする

賃貸の浴室には「窓」がない物件が多いので、浴室内の換気は「換気扇」を頼らざるを得ませんので、賃貸における浴室換気対策は、常時換気扇をつけっぱなしが原則。


ただご入居者様の中には「電気代」が気になって換気扇をつけっぱなしにしていない方や、浴室ドアを開けっ放しにするだけの方がいますが、換気扇をつけっぱなしにしないと、浴室内にカビが生えやすくなり、また浴室ドアを開けっ放しにすることにより、洗面脱衣所内に湿気がこもりやすくなるので、カビが発生してしまう原因になります。


浴室換気扇を常時つけっぱなしにしておいても、1か月の電気代は400円程度とそれほど高くはありません。退去費用を支払うことと比べれば、はるかに安い費用となりますので、浴室換気扇は常時つけっぱなしにしておいてください。


3)キッチン掃除

キッチン周辺は、油が飛び散ることからどうしても油汚れが付きやすいところ。

普段からしっかりと掃除をされていればいいのですが、キッチン周辺の油汚れがひどすぎる場合は、修繕費用が発生する確率が高くなります。


油汚れを何とかしたい時には、重曹がとても便利。


基本的には「重曹2:水1」のペースト状のものを作り、それを汚れた部分に塗りタオルなどで拭き取ることで、油汚れは簡単に落ちます。また換気扇フィルターなどの目の粗いものを掃除する時には、重曹そのものをフィルターの上からふりかけ、数時間放置したうえで、ティッシュなどで拭き取り→水洗いすることで油汚れがきれいに取れます。

(出典:コジカジHP)



4.まとめ


賃貸物件は「借り物」であることから、退去する時には入居する前の状態に戻すことが求められます。通常使用で使われている分に関しては、退去時に費用がかさむことはまずありえません。退去時に費用が掛かってしまう原因の多くは、故意による破損が殆ど。


ご入居者様の中には、破損させてしまった箇所を、ご自身で修繕される方もいますが、ご入居者様が修繕を行っても、管理担当者や工事担当者は常に現場にいるので、それらは全て見破れてしまいますので、もし破損させてしまった場合はその旨を報告して頂けると助かります。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#敷金 #退去費用