敷金・礼金って何?解約時、敷金は戻ってくるの?


こんにちは。


お部屋探しをする時、不動産賃貸物件検索ポータルサイトを活用されると思いますが、物件詳細ページの所に「敷金・礼金」という文字が必ず目に入ります。


敷金や礼金があることに関しては、漠然としては理解しているものの、詳細部分に関しては、あまり理解されていない方もいるのではないでしょうか?


最近の賃貸市場では、築年数が浅い物件を中心に「敷金・礼金」の両方/もしくは片方が設定されているのが一般的に対して、築年数が経過した物件では「敷金・礼金」が無料という所も珍しくはありません。



敷金・礼金は、初期費用の中に含まれていて、ご契約時に支払うものとなっています。

改めて、敷金・礼金の意味について解説してみると…

敷 金

お部屋を万が一入居期間中に汚してしまった/壊してしまった場合の費用として、あらかじめ大家さん/管理会社に支払う準備金みたいなもの。もしお客様の故意による破損などがない場合は、解約時に返金されます。


礼 金

昔は賃貸物件の供給数が圧倒的に少なかったので、ある意味大家さんの協力なしでは入居することができなかったことから、入居させてもらったお礼の意味を込めて家賃1か月分程度を支払う昔からの慣習。解約時返金されません。

敷金は「担保」の意味合いが強く、お部屋を普通に使用していた場合は、敷金は全額返金されるものと考えても、差支えはないと思います。一方、礼金に関しては、近年では不動産管理会社/物件数も多くなってきたことから、本来の礼金の意味合いが薄れてきています。





築年数が経過した物件では、敷金・礼金は設定していない所が近年では、非常に多くなってきています。

当物件も個人契約の場合は、敷金・礼金は無料とさせて頂いていますが、どうして築年数が経過した物件では、敷金・礼金ナシ物件が多いのでしょうか?


築年数が経過した物件は、年数が経過しているというデメリットがあり、築年数が浅い物件に対抗するためには、初期費用の見直しが手っ取り早いと考えている管理会社が多くいるので、近年では築年数が経過した物件では、敷金・礼金ゼロが当たり前となっています。


敷金・礼金ゼロ物件は、契約時の初期費用を抑えられる点では、メリットがある一方で、入居期間中に故意による破損などがあった場合、敷金の預け入れがない分退去費用が発生しますが、通常使用の場合は、原則敷金は返金されることから、敷金ゼロ物件であっても、それほど気にすることはありません。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#退去費用 #敷金 #礼金


1回の閲覧