新型コロナウイルスの影響による生活資金でお悩みの方へ。


こんにちは!


新型コロナウイルスの影響により、日本経済が戦後初と言っても過言ではないほど、大ピンチに陥っています。特に飲食・宿泊業界に携わっている方は、仕事そのものが殆ど無くなってしまっているので、生活資金そのものが厳しくなっている方も多いと思います。



生活資金が厳しい方で、借り入れに対して抵抗がない方は、公的機関による融資を受けてみてはいかがですか?


全国の社会福祉協議会では、新型コロナウイルスの影響により「失業」「休業」を余儀なくされ、生活資金でお悩みの方を対象にした方向けの「無利子・保証人不要の特別貸付」を現在実施しています。


貸付には、休業者向けと失業者向けがあり、貸付上限額・返済期限も異なります。


【緊急小口資金】 ※主に休業者向け


対象者:

新型コロナウイルスの影響を受け、休業などにより収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要としている人。


貸付上限額:10万円以内

但し、下記に掲げる「特に必要」と認められる場合は20万円以内

①世帯員の中に新型コロナウイルス感染者の罹患者・濃厚接触者がいるとき

②世帯員の中に要介護者がいるとき

③世帯員が4人以上いるとき

④世帯員に⑴または⑵の子の世話を行うことが必要になった労働者がいるとき


⑴新型コロナウイルス感染拡大防止策として臨時休校をした、幼稚園・保育園・小学校・特別支援学校に通う子。

⑵風症状など新型コロナウイルスに感染した恐れがある、幼稚園・保育園・小学校・特別支援学校に通う子。


⑤世帯員の中に個人事業主などがいること等のため、収入減少により生活に要する費用が不足する時

⑥①~⑤に掲げるもののほか、特に貸付需要があると認められるとき


貸付方法:

●据置期間(返済までの猶予期間):貸付日から1年以内

●償還期限(返済期限):据置期間終了後2年以内

●保証人不要、無利子


受付時に持参するもの

●運転免許証、健康保険証などといった身分を証明するもの

●本人の印鑑

●貸付金の振込先口座(本人口座)が確認できる通帳

●収入が減少したことがわかるもの(給与明細、預金通帳など)






【総合支援資金】 ※主に失業者向け


対象者:

新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業などにより生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯。


※原則として生活困窮者自立支援法に基づく、自立相談支援事業などによる「継続的な支援」を受けていただく事が要件となっています。

※緊急的な貸し付けが必要な場合には、「緊急小口資金」の申し込みを検討していただく場合があります。


貸付上限額:

●2人以上世帯:月20万円以内 ●単身世帯:月15万円以内

※貸付期間:原則3か月以内 貸付方法:

●据置期間(返済までの猶予期間):貸付日から1年以内

●償還期限(返済期限):据置期間終了後10年以内

●保証人不要、無利子

受付時に持参するもの:

●運転免許証、健康保険証などといった身分を証明するもの

●本人の印鑑

●貸付金の振込先口座(本人口座)が確認できる通帳

●収入が減少したことがわかるもの(給与明細、預金通帳など)

申込は、お住まいの市町村社会福祉協議会で受け付けています。

混雑が予想されていますので、事前に電話相談をした方がいいと思います。


甲府市社会福祉協議会

400-0858 甲府市相生2-17-1 甲府市役所南庁舎1号館

☎055-225-2119



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



0回の閲覧