新型コロナウイルス対策に!自然素材の漆喰を施工したグレイスロイヤルS101号室。


デルタ株の流行によって、山梨県内における新規感染者数が「急増」しています。


山梨県内の市町村の中には、人口1万人当たりの感染者数が「2.5人」=警戒レベルとなっている所があり、今一度「不要不急の外出を控える」「手洗い」するなど、基本的な予防対策をしっかり行うことが求められています。


山梨県内においても、コロナウイルスの感染者数が急増しています

自宅にいる時間が長くなってしまうと、どうしてもストレスが溜まってしまいますが、それ以上に「家庭内における感染対策」を行う必要性があります。

賃貸物件では、特段設備が設置されていることはありませんので、ご自身で「空気清浄機」等を準備・導入しなければなりません。


ただ、全ての部屋に「空気清浄機」を置く事は、非現実的なことであることから、なかなか思う通りには行かないケースが出てきます。



コロナ禍でも、都合によって、賃貸物件を探さなければならない方もいると思いますが、出来ることならば、室内環境が「抗菌」「抗ウイルス」対策を施されている部屋になっていれば、嬉しいですよね。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、上級グレードの部屋においては、抗菌・抗ウイルス効果が期待できる「漆喰」をLDK・和室・洋室・玄関エントランスの壁に施工しています。


抗菌・抗ウイルス効果が期待できる漆喰を施工しています

当物件が採用している漆喰が、新型コロナウイルスに効果があるといった情報はありませんが、メーカーの説明によると、漆喰壁に付着した「ウイルス」「細菌」の増殖を抑制してくれる点においては、ある意味において効果的と言えます。


通常の壁紙では、この様な効果は期待することができないので、一般的な部屋と比べると、多少なりとも安心できますよね!


お部屋探しの際、参考にして頂けると幸いです。


閲覧数:1回0件のコメント