新婚さんにピッタリのお部屋とは?

最終更新: 2019年2月9日


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



結婚してから「こんなはずではなかったのに…」とため息をついてしまわないように、最近では結婚前に同棲をするカップルが増えてきています。


賃貸に入居する際、どの間取りがよいのか?

グレイスロイヤルに御入居されるお客様の中でも、結婚前に同棲(結婚を前提としている方が殆どです)されるお客様は増え続けてきています。やはり同棲をすることによりお互いのことを良く見極めることが大切であると考えている方が多いのではと思います。


では、いざ同棲を始めることになった場合、殆どの方が賃貸物件に入居されると思いますが、どのような間取りが一番適しているのでしょうか?


個人的には「2LDK」タイプが一番適しているのではと思います。グレイスロイヤルの場合、間取りは2LDKタイプでリビングダイニング、キッチンの他に、洋室と和室(琉球畳)が標準となります。(一部は3LDKもあります)


では、どうして2LDKタイプのお部屋が新婚(同棲)さんに向いているかについてですが…


2LDKタイプのお部屋は、ライフスタイルの変化で応用が可能となります。

新婚(同棲中)の場合、ご夫婦のみの生活となりますので、基本的に洋室はご夫婦の寝室に、和室は例えばどちらかのご両親や友人が停まりに来た時に活用する「ゲストルーム」的な使い方ができます。


もし、お子様が産まれた場合、和室部分を「お子様専用の部屋」にすぐに活用ができます。1LDKタイプのお部屋の場合、洋室が1部屋しかないので、お子様がある程度大きくなった場合、必然的に引っ越しをしなければなりません。


費用対効果から見ても、将来的には子供が欲しいとお考えの新婚(同棲)さんには、2LDKタイプのお部屋が一番適していると思います。



グレイスロイヤルのお部屋の和室(2017年夏以降)は琉球畳を敷いています。


琉球畳。市松模様が美しく、お部屋と畳がマッチしていて癒されます。

2017年夏以降に、リフォームしたお部屋には「琉球畳」が標準装備されていますが、この畳に変更してから、「入居の決め手になる」ほどの人気の設備。通常の畳の場合、表替えをしなければならないので、退去時に「表替え代」が必然的に発生するので、敬遠されがちでしたが、琉球畳は基本「表替え」の必要はないので、退去時精算がないというのも、お客様から選ばれている理由の一つではないでしょうか?


また、通常の畳の場合「ダニやカビ」などがはっせいしやすくなりますが、こちらの畳の場合、カビなどはほとんど発生しませんし、普段のお掃除もしやすい、断熱性や吸湿性にも優れていますので、賃貸物件にはもってこいの畳ではないでしょうか?



和室部屋は実は、お子様が小さい時にぜひ使ってほしいお部屋。ベビーベッドを購入されるご家庭も多いと思いますが、賃貸物件のお部屋は限られたスペースしかありませんので、ベビーベッドを購入すると、どうしてもお部屋が狭く見えてしまい、圧迫感を感じやすくなります。


そこで、畳の上にお布団をして、オムツ替えやお昼寝をした場合、ベビーベッドでは赤ちゃんが落下してしまう恐れがありますが、その心配は一切ありませんし、なにより畳には弾力性がありますので、けがをするというケースはあり得ないのではと思います。



意外な使い方の番外編では、和室部屋そのものは「リラックス効果」が期待できると言われておりますので、例えばストレスを感じている時などは、畳の上に寝転ぶだけでも効果が期待できるのではと思います。



いかがでしたか?グレイスロイヤルの周辺には文教施設が充実していますので、子育てを将来的にお考えの方にも、現在子育てをされている方にとっても、グレイスロイヤルは最適な環境であると考えています。


ぜひ、新生活のスタートは「グレイスロイヤル」でいかがですか?



今日も最後まで、ブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #グレイスロイヤル #賃貸 #アパート

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#カフェ風 #おしゃれ賃貸 #キッチン #子育て #仲介手数料半額