新生活での二人暮らし。料理を楽しみたいならナチュラルキッチンが魅力的のグレイスロイヤル。


新生活のスタートと共に、同棲を開始された方も多いのではないでしょうか?

初めての二人暮らしは、毎日がワクワクして、休日には二人で料理をされる機会も多いと思いますが、そんな時キッチンがおしゃれで魅力的だったら、さらにいいですよね。


山梨県の賃貸物件で、一番おしゃれなキッチンと勝手に宣言している、グレイスロイヤルのナチュラルキッチンでの新生活は、きっと長い人生においても記念に残るキッチンだと思いますよ。



①世界にひとつだけのナチュラルキッチン

世界にひとつだけのオリジナルキッチン。山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤル
世界にひとつだけのキッチン。

賃貸のキッチンは基本的に「メーカーの既製品を導入」している場合が殆どで、オリジナルキッチンが設置されていることはまずありえません。


当物件は築28年を超える物件ということもあり、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを展開していますが、キッチンに関しては全室オリジナルキッチンを採用しています。


オリジナルキッチンと言っても「どこがオリジナルなの?」とわからない方も多いと思いますので、リノベーション前のキッチンをご紹介すると、こちらです。


リノベーション前のキッチンはこちらとなっていて、新築時より使用していたキッチンを今まで使用していましたが、賃貸用のキッチンはどうしても戸建て用のものと比較すると、小さめのものを設置しなければならないので、食材などを切るときに使用する「調理スペース」や収納スペースなどが狭めになってしまい、この部分がお客様にとって不満に感じる所です。


そこでリノベーションにおいては、キッチン本体部分のみはそのまま利用して、それ以外のものに関しては、すべて新しいものに交換をしています。



②対面キッチンより使いやすい

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルの調理台が付いたキッチンカウンターは、お客様からとても喜ばれています
調理台が付いたキッチンカウンターは、お客様からとても喜ばれています

近年施工されている新築物件のキッチンは、基本的に対面キッチンとなっています。


対面キッチンにすることによって、料理中リビング内の様子を伺いながら料理ができるので、若い世代に人気が高いのですが、ただ対面キッチンを採用することによって、デメリットも当然発生しています。


【対面キッチンにすることによるデメリットとは?】

・4帖程のキッチンスペースを確保するので、LDKが狭く感じる

・リビング内に調理中のニオイが広がりやすい

・油跳ねや水撥ねがしやすくなり、掃除が大変

・最新キッチンでも、調理スペースはそれほど広くはない


当物件においては、壁付けキッチンをそのまま利用させてもらっていますが、ただ調理スペースの広さは、わずか34センチとまな板一枚置けば、もう他のものは置けないような状態になっていることから、料理がしやすくまた、収納スペースも確保した「調理台付の可動式キッチンカウンター」をリノベーション時に新設・設置しています。


山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルでは、キッチンカウンターも完全オーダーメイド
建具屋さんが完全手作りで作ってもらう、キッチンカウンター

キッチン扉と同様、建具屋さんに特別にお願いして作って頂いております。


当物件が開発した「キッチンカウンター」は、上段にステンレスを設置することによって、従来の約2倍の調理スペースを確保してあるので、食材などの下ごしらえは、こちらのカウンターで行うことによって、料理効率が格段に改善されます。


また収納スペースも確保してありますので、既存のキッチン収納スペースと合わせれば、調理道具の収納はもちろんのこと、場合によっては食器類までも収納することが可能となってくるので、キッチン空間にモノが溢れるようなことにはなりません。



山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルの可動式のキッチンカウンターは、キッチン内の幅も調節可能
可動式のキッチンカウンターは、キッチン内の幅も調節可能

通常の対面キッチンは、当然ではありますがキッチンは固定されているので、キッチン幅は自動的に限られている関係で、全ての人がキッチン幅に対して「広い」という感覚にはならないのですが、当物件のキッチンカウンターは「可動式」となっているので、ご自身が好きな幅に「調節」することが可能。また料理をしない時には「カウンターをキッチン横」に移動することによって、LDKを有効活用できる点も、メリットのひとつです。



③生活臭対策OK。自然素材の漆喰を施工

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルでは、漆喰を導入しています
職人さんが手作業で漆喰を施工しています。

戸建てであっても、賃貸であったとしても、その部屋特有のニオイはどうしても発生してしまい、そこで生活している家族は「ニオイになれてしまっている」ので、もしその部屋で臭いが発生してしまっても、第三者から指摘してもらわなければ、ニオイに気づかないことがあります。


室内における生活臭対策としては、換気や消臭スプレーを散布するぐらいしかありませんが、ただこれらは一時的に消臭することができても、ニオイに関しては常に発生していることもあるので、効果としては限定的。


また、対面キッチンの場合は、料理中に発生するニオイが、どうしても室内に広がってしまいやすいこともあるので、場合によってはニオイが壁紙に染み付く恐れも出てきますが、当物件のリノベーション部屋の一部には、消臭効果が期待できる「自然素材の漆喰」を壁に施工しています。


漆喰内部は「多孔質」(=表面に小さい穴が沢山開いているという意味)になっていることもあり、ニオイを分解することができると言われています。

これは他社のデーターではありますが、漆喰を壁に施工されてあるモデルルーム内で「換気をしない状態」で焼肉をした場合、焼き肉終了後、ニオイがどんどん消えていき、翌朝になったころには、ニオイそのものを感知することができないほど、ニオイが残ってはいないとの事。


つまり、日常生活上における生活臭までも、漆喰が解決してくれます。

急に来客が来た時、消臭剤を大量にまかなくても大丈夫になるので、安心してお客様を室内に入れることができます。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルのリノベーション部屋においては、おしゃれなナチュラルキッチンが標準装備になっているのはもちろんですが、自然素材の漆喰が施工されてあることによって、カフェの様な生活をできるのはもちろん、ニオイ対策や今回ご紹介ができなかった「調湿対策」もしてくれて、しかも効果は「半永久的」に続くので、おうち時間がとても楽しくなってしまいますよね。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#リノベーション

#山梨おしゃれ賃貸

#グレイスロイヤル