新築・築年数が浅い物件に入居されている方、要注意です。


こんにちは!


新型コロナウイルスの罹患者数は、日を追うことに増加し、終息の気配すら立っていません。


このウイルスの怖さは、PCR検査をしても、本来ならば陽性反応が出るはずの人が、陰性反応になったり、またPCR検査を複数回行い、いずれも陰性反応になり退院したのにもかかわらず、後日また陽性反応が出てしまう可能性がありますので、これ以上感染者数を増やさないためには、各自がしっかり認識を持ちながら行動をする以外なさそうです。




新型コロナウイルスは、様々な業種に悪影響を及ぼしていて、本来ならば残業をしなければならないのに、残業をすることすらできない会社も多いのではないでしょうか?


その影響は毎月いただいている給料にも反映していて、昨年の同じ時期の給料と比べて、給料が減っている方は大多数いるのではないでしょうか?


給料が減るとことになれば、賃貸物件や戸建て住宅(住宅ローンの方)にお住まいの方は、家賃やローンの支払いがきつくなってきますので、コロナウイルスの終息が長引けば、家賃やローンの支払いが滞ってしまう可能性は高くなってしまいます。



特に気を付けなければならないのが、新築物件に入居されている方。

新築物件はエリアや間取りにもよりますが、毎月の支払総額(管理会社に支払う分)が結構高めになっているので、コロナウイルスの影響が長引けば、確実に支払いがきつくなってきます。

厚生労働省では、離職や休業などにより経済的に困窮された方が、住居を失った/失いそうになる方に対して、家賃を肩代わりする「住居確保給付金」を支給しています。


返済義務は発生しませんので、とてもありがたい制度ではありますが、ただこの給付金は期限がついています。原則3か月間のみ。ただし就職活動を誠実に行っている場合には、3日か月延長が可能になり、最長9か月までは国で家賃を支払ってもらえます。


しかし、コロナウイルスの終息が長引けば、たとえ就職活動をしていたとしても、企業側が採用そのものを自粛している恐れが強くなりますので、最悪支援が打ち切られてしまう可能性も決して否定をすることはできません。


それならば、早いうちに家賃が安い賃貸物件に入居した方が、後から引っ越すよりはるかにお得になると思います。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、今月限定(試験的)ではありますが、コロナに負けるなキャンペーンと題しまして、契約日から4か月間の家賃は無料+仲介手数料が無料になっているので、総額約31万円が事実上キャッシュバックされる形になります。

(敷金・礼金は法人契約以外は無料になっています)


このキャンペーン(5月1日を契約日として)を使えば、5月・6月・7月・8月の家賃は支払うことはありません。(ただし共益費などの諸費用はキャンペーン対象外)また本来ならば必ず支払う仲介手数料も無料になっていますので、初期費用を安く抑えることもできます。


新型コロナウイルスが終息しなければ、確実に給料面に影響が出てきます。

国の給付金や貸付制度(無利子・保証人なし)を活用するのもひとつの手段ではありますが、やはり住居費の費用割合が大きい「家賃」を見直すことで、生活費に回せられるお金は増えますので、今の内から検討をした方がいいのかもしれませんね。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#新型コロナウイルス #住まい #家賃