新築以上の価値がある、おしゃれなキッチンが標準装備されています。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」をしております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



賃貸物件のキッチンは、限られたスペース(リビング・ダイニング)に置く関係上、それほど大きくはないのが現状。


賃貸用のキッチンは戸建て住宅用のキッチンと比べると、少し狭いです。

近年施工された、新築賃貸物件(1LDK以上のお部屋)のキッチンは『対面キッチン』が殆どとなっています。


対面キッチンの場合、調理をしている最中にリビング内の様子が見れるので、育ち盛りのお子さんの様子を見ながら料理ができる点が、若い世代に人気があります。


しかし、その一方でキッチンを対面スタイルに置くと、約4帖ほどのスペースを確保しなければならないので、必然的に「ダイニング」「リビング」が狭くなってしまうことと、調理をする際、ニオイがリビング内に充満してしまうことが最大のデメリットといえます。



一方、築年数が経過した古い物件は「壁付けキッチン」が主流となっています。

壁付けキッチンは、キッチンが壁に接しているので、調理のニオイがリビング内に充満する可能性は低いことがメリットとして挙げられますが、リビング・ダイニングとは背を向けた形にキッチンがあるので、リビング内の様子を簡単に見ることが出来ないことが最大のデメリットといえます。


壁付けキッチンがある賃貸にお住まいの方にとっては、できればキッチンカウンターが欲しい所ですよね!最近ではDIYをして自分自身でキッチンカウンターを作る方もいて、中には動画にUPをする方もいるほど、本格的に作る方もいます。



DIYが趣味な人なら、キッチンカウンターやキッチン全体をDIYできますが、多くの方はキッチンカウンターなどを作ることは難しいのではないでしょうか?



グレイスロイヤルでは、昨年4月よりナチュラルテイストに特化したリノベーションを展開していますが、キッチンの部分に関してもリノベーションを行いましたが、多数の方から高い評価をいただいています。



リノベーションしたキッチン

もともとは既存のキッチンをリメイクしたものではありますが…

扉部分を「パイン材」に変更するだけで、居心地がいいおしゃれなカフェ風キッチンに生まれ変わりました。


特にオーナーである自分がおすすめしたいところは…

作業&収納スペースを兼ね備えた「可動式キャビネット」。


可動式キャビネットの内部。

賃貸用のキッチンの場合、食材などを切るときに使用する「作業スペース」があまり広くありませんよね?新築物件のキッチンであっても、まな板1枚分の広さしかありません。


グレイスロイヤルが開発をしたキャビネットの上部は、ステンレスを置いてありますが、今までの作業スペースと比べると、約2倍以上の広さを確保してありますので、食材の下ごしらえをする際、とても便利になります。


またキャビネット自体「可動式」となっていますので、調理の仕方などによって「対面」にも置くことが出来ます。壁付けキッチンではありますが、対面式にも早変わりできますので、これでリビング内の様子を見ながら料理をすることが出来ますよね!


キャビネットの収納エリアに関しても、使い勝手にこだわって作ってあります。

上部は、引き出し式として、小さい調理道具やはし・スプーン、また調味料入れなどに使えます。下部は、圧力鍋や大き目のなべなどといった、幅をとる調理道具などを収納する際、便利に使えるよう、中央部分にある棚は「取り外し可能」となっています。



上級グレードのお部屋には漆喰を施工してあります。

グレイスロイヤルのリノベーションキッチンは、壁付けキッチンではありますが、上級グレードのお部屋(S202)の壁には、ニオイを消してくれる「漆喰」を施工してありますので、調理の際にどうしても発生してしまうニオイを、漆喰がカバーしてくれるので、子育てママたちにとってはとても助かりますよね!



グレイスロイヤルのリノベーションキッチンは、キッチン全体の居心地の良さ、使い勝手などといった機能面・デザイン面において、新築物件のキッチンより、グレード的には上を行っています。


ぜひ一度、グレイスロイヤルのリノベーションキッチンを実際ご覧になって、体感してみませんか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料 #キッチンカウンター