明けましておめでとうございます。


謹賀新年。

あけましておめでとうございます。

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル オーナー 長田 穣 です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


2019年がスタートして、13時間を経過しました。

今年も、甲府市大里町にある「家族団らん型賃貸アパート」グレイスロイヤルをどうぞよろしくお願い致します。




さて、新年を迎えると「一年の抱負」を会社や家族の前で発表する人も多いのでは思いますが、皆さんはどのような目標を掲げていますか?



ちなみに自分の一年の目標は、「素直な心」を身に着けることです。


この素直な心とは、Panasonicの創設者・松下幸之助翁が最も訴えていた言葉の一つであり、幸之助翁の著書の中にも出てくるWordの一つになっています。


数日前ですが、松下幸之助著『すべてがうまく行く』-素直な心が奇蹟を起こすーの本を購入しました。購入した本の中で、「素直な心」について、分かりやすく説明されている部分がありました。この一節を読んだとき、「これを2019年の目標にしよう」と即座に思いました。


  一、自分自身が自ら動き、模範を示すことで、周囲を牽引しよう。   二、物事を進める上で障害や壁があったとしても、努力し続けていくことが自分の力 

    となっていく。   三、自分が決めた道は、迷い止まることなく進んで行こう。   四、嫌いな人でも嫌悪せず、良いところを見つけ共存していこう。   五、温度によって蒸気となったり、雲や雨、雪やあられに変化しても入れ物を変えれば

    カタチも丸や四角に変わるのが水。だけど水の性質は失われない。与えられた環境

    の中で、柔軟に変化し、成長していこう。

(黒田官兵衛の「水五訓」・現代語訳)


幸之助翁は、水五訓(=素直な心)を身につければ、物事の真実をはっきりとつかむことができると訴えています。


もともとは、黒田官兵衛が残した言葉が発端ではありますが、ここに掲げられている言葉は、今の時代にも通じていると思います。


仕事や人生には、いい時や悪い時が交互にやってきますが、悪い時が起きた時にどのように対処するかによって、人生のベクトルは全く違う方向を指すと思います。


どこまで「素直な心」ができるか未知数ではありますが、出来うる限り「素直な心」で人と接していきたいと思います。


今年もどうぞよろしくお願い致します。


2019年1月1日

グレイスロイヤル オーナー

有限会社 山 長

 取締役 社長 長田 穣 拝