更新料0円、共益費0円物件には要注意!


おはようございます。

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


いよいよ2019年もあと一か月余りとなりました。

不動産賃貸業界では、年明け~3月いっぱいまでが「繁忙期」。

一年で、最も入退去が多い時期で、今の時期は、推薦入試が合格した学生さんが、お部屋探しをしている時だと思います。


今の時代はスマートフォン片手に簡単に物件検索ができる時代。

お部屋探しをされる時、毎月の家賃などはできたら抑えたいですよね?

最近では、共益費(管理費)0円物件や、更新料0円物件をうたう物件が増えてきました。

お部屋を借りられる側にとって、毎月の共益費や、2年に1回行われる「更新料」が0円になった方が、お得になりますので、魅力的感じてしまうかもしれませんが…


ただ、それ間違っています。

というより、「共益費0円物件」や「更新料0円物件」というのは事実上なく、0円にしていても家賃の一部に組み込まれていたり、更新時に家賃の値上げを請求してくるケースが多いので注意が必要です。



では、どうして共益費0円や更新料0円物件とうたっている物件があるのか?



それは現在ほとんどの方が活用している「不動産賃貸物件検索ポータルサイト」(SUUMOなど)に秘密があります。


不動産賃貸物件検索ポータルサイトの検索画面上には、お部屋がしをされる方が「築年数」「家賃」などを自由に選ぶことができますので、すぐに候補物件を絞ることができます。


例えば下記のような物件が2物件合った場合、どちらを選びますか?

(同じような間取り、築年数と仮定します)

*家賃5.1万円で、共益費0円。 *家賃4.8万円で、共益費3000円


人はどうしても「安い」法に注目してしまうので、共益費0円とうたってあると、「お得感」を感じやすくなりますが、実はこのようにしてお得感を出している物件が意外に多くあります。


ただ、共益費は「共用廊下の蛍光灯交換費用」や「電気代」「物件清掃費」などといったものに使われるのが、本来の役割である以上、共益費0円とうたう物件は、事実所オーナーサイドは何もしなくてもいいことになります。




次に更新料0円物件についてですが…



山梨県の賃貸物件(管理会社に委託している物件)の賃貸借契約書には「更新料が明記」されている物件の方が多くなってきています。

更新料の金額については、家賃1か月分が殆どであり、更新時期を迎えるときは合計で家賃2か月分のお金を支払うことになりますので、今の生活に満足している方にとって、更新料はできたら支払いたくはない気持ち、よくわかります。



ただ、「更新料無料」とうたっている物件の中には、管理会社から「家賃増額請求」をされるケースが結構あるとのこと。

金額的には、2000円アップと決して高くはないものの、家賃を値上げする場合には「きちんとした説明」(社会経済状況など)をしなければならないのですが、某物件においては管理会社の方から一歩的に請求されることがあるそうです。


これでは事実上「更新料の一部」を管理会社に支払っていることになりますよね?


つまり、共益費0円や更新料0円物件というのは、事実上0円ではなく、家賃などにしっかりと含まれていますので、注意が必要です。



お部屋探しの際、参考にしていただければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #おしゃれな部屋 #キッチン #漆喰 #カフェ風

#仲介手数料無料