最近人気急上昇中のオンライン内覧。メリット・デメリットとは?


こんにちは。


今年発生した新型コロナウイルスの影響により、テレワークを導入した企業は多かったと思いますが、実際にテレワークを行ってみて、通信速度に多少難ありだった以外は、意外に仕事がスムーズにいったこともあるので、今後はテレワークができる部分に関しては、企業も積極的に導入すると思われますが、実は不動産賃貸業界においても、オンライン内覧が徐々に普及し始めています。


人気急上昇中のオンライン内覧

オンライン内覧とは、不動産仲介会社の担当者が、お客様が希望する物件に一人で生き、オンライン形式で物件をご紹介するものや、あらかじめ不動産仲介業者が物件を撮影した映像を、不動産賃貸物件ポータルサイト上にアップする場合など、さまざまな形式があります。





オンライン内覧のメリット


オンライン内覧のメリットは、自宅に居ながら物件の様子を確認することができるので、お仕事でなかなか時間を作れない方や、小さなお子さんがいるご家庭、また新型コロナウイルスが気になる方にとっては、メリットと言えそうです。


通常は、お部屋見学に行くまでは、室内の詳細部分(廊下など)はわからない場合が多いのですが、オンライン内覧の場合は担当者がリアルタイムに移動することから、詳細部分に至るまで把握することができ、お部屋の雰囲気をつかむことができます。




オンライン内覧のデメリット



お部屋の雰囲気をつかめる点や、物件にどうしても行くことができない方にとって、オンライン内覧はものすごくメリットがある一方、オンライン内覧では、直に部屋を見ていないので、室内の奥行やドアの大きさなどを把握することができないのが、デメリット。


特に注意をしなければならないのは、お手持ちの家具などが、引越しの際、武士に室内に搬入することができるかどうか。


例えばメゾメットタイプ賃貸で2階に搬入する場合、玄関入ってすぐに階段がありますが、階段の幅は意外に狭い場合があり、家具の大きさにもよりますが、事前に採寸を把握しておかないと、いざ引越しの際、搬入することができなくなり、ベランダなどからつるし上げをして搬入することになります。



また、オンライン内覧で気を付けなければならないのは、対面キッチンがある賃貸にご入居の場合、冷蔵庫の大きさやお部屋によっては、冷蔵庫をキッチンスペースに置くと、キッチンスペースが狭くなることや、冷蔵庫がキッチンスペースに置くことができず、仕方がなくダイニングに置かざるを得ない状況になる場合もあります。




まとめ


オンライン内覧は、お部屋の雰囲気を把握する上では、ものすごく有効的ではありますが、奥行きやドアの大きさなどは、実際に見学をされなければ、把握することができないばあもあるので、可能であるならばやはり、お部屋見学はされるべきであると、考えます。




今日も最後までブログを読んでいた大まして、ありがとうございます。



#オンライン内覧 #部屋探し