本気でおしゃれ賃貸に住みたいならば、グレイスロイヤルしかありません。


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


山梨県内の賃貸物件の中には、お部屋の設備や内装を新しくした「リノベーション」をする物件が増えてきました。築年数が経過してしまうと、お部屋を探される方にとってはどうしても敬遠してしまいがちですが、築年数が経過した物件でも、お部屋がしっかりと新しくなっていれば、抵抗を感じることも少なくなるのではないでしょうか?



最近の賃貸物件では、DIYが可能な物件が増えてきました。

他社物件で、リノベーションされたお部屋の写真を見てみると、ある共通点がでてきます。それは工事段階で、すでに色や模様がついた壁紙が施工されていることです。


グレイスロイヤルでも2017年以前では、リビングや寝室の一部の壁に、アクセントクロスと呼ばれる、色や模様がついた壁紙を施工していましたが、これらをお客様が住んでいない状態で、管理(オーナー)サイドが施工してしまうと、お客様が持っている家具や家電がお部屋とマッチしない恐れが出てきます。


確かにアクセントクロスを一面だけでも貼ってあると、お部屋の印象が180度変わりますが、その一方でアクセントクロスがお客様の好みに合うかどうかは、別次元の問題です。


また最近では、ご契約後にお客様が好きなアクセントクロスを選べる物件も増えてきていますが、こちらも家具を置く前と、置いた後ではお部屋の印象が違いますので、お部屋とマッチするかな?と思っていたのに、いざ家具を置いてみたら「お部屋とあっていない」ことも十二分にあり得ます。



グレイスロイヤルでは、2018年4月より、ナチュラルテイストに特化したリノベーションを展開していますが、グレイスロイヤルのリノベーションでは、あえて壁紙(漆喰)を白に統一しています。



現在募集中のS202号室の洋室。基本的に壁は白に統一。

白色に統一した理由は、お客様がお手持ちの家具などに合わせやすい点。

アクセントクロスにしてしまうと、場合によっては「合う」「合わない」が必ず出てきますし、家具とお部屋が合わないと、来客時に恥ずかしい思いをしてしまいますよね!


本来はお貸しする部屋が、お手持ちの家具と合わなければならないのに、今の賃貸物件のリノベーションは、貸し手側が一方的にお部屋の壁紙の色などを決めているので、おしゃれな生活をしたいと思っていても、家具とお部屋が合わなければ、おしゃれ生活には程遠くなってしまいます。



ナチュラル系のダイニングテーブルを選べは、気分はもうオシャレカフェ生活。

その点、グレイスロイヤルのリノベーション部屋は、おしゃれ空間を作ることが苦手な方であっても、簡単に家具の配置ができる点では、とても助かりますよね!



お部屋探し際、参考にしていただければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料


0回の閲覧