殆どの賃貸物件では、初期費用は負けてくれません。


こんにちは!

今の時期は、新年度に向けて「新しい賃貸物件」を探している方も、多くいるのではないでしょうか?

自分に一番適した賃貸物件に、いざ入ろうと思った時「壁」にぶち当たるのが、入居前に支払わないといけない「初期費用」

意外に高額になってしまう初期費用

初期費用とは、所謂契約金のことを指します。

物件や管理会社ごとで「初期費用設定項目」は異なっているので、初期費用がどのくらいかかるのかについては、正直言ってわかりませんが、一般的に初期費用と呼ばれている項目は、下記の通りとなります。

●敷金 ●礼金 ●仲介手数料 ●家財保険 ●前家賃 ●保証料 ●消毒・鍵交換

人気が高い「築年数が浅い」「新築」物件は初期費用の設定項目がほぼ全てあり、また家賃そのものも高めになっていることから、初期費用の総額は高めになっています。逆に築年数が古い物件はというと、逆に人気がない分初期費用の設定項目が、少ない場合があるので、お得な場合があると思いきや、意外に高い場合もあるのが現状です。


初期費用が高額になってしまう背景には、前家賃の支払いをしなければならないこと。

賃貸物件の場合、契約時に「翌月分」の家賃(共益費・駐車場代なども含む)を支払わないといけません。つまり2か月分を契約時に支払うことになりますので、この時点ですでに数十万円ぐらいになってしまいます。


また月の途中で契約をした場合には、その月の残数+翌月分となります。

例えば3月20日契約をした場合…

3月の残り11日分(日割り)+4月分

を契約時に支払うとことになります。


また最近では大手管理会社が管理している物件には、「家賃保証料」を初期費用の中に設定している物件が多くなりました。

家賃保証会社とは?

家賃保証料と言われても、ピンとこない方も多いと思いますが…

これは万が一、お客様(ご入居者様)が家賃の支払いが滞り、数か月分滞納した場合、家賃保証会社がお客様に代わって、オーナーに家賃などを支払う保証のこと。

(もちろん、お客様は保証会社に滞納した家賃を支払わないといけませんが…)


これも初期費用の中に設定されている物件が多く、ただ設定率に関しては、管理会社で大きく異なっていて、安い所であれば月額家賃の30%、最高でも家賃1か月分の費用を支払わないといけなくなります。


山梨県の賃貸業界の場合、初期費用の平均が家賃4か月程度と言われていますが、これに引越費用と新生活に必要な家具や家電類の購入費用を足せば、あっという間に家賃6か月分のお金は一気に無くなってしまいます。



殆どの人は、初期費用は抑えたいと考えているのに、現実的には初期費用を抑えることが難しいと思いがちですが、ただグレイスロイヤルにご入居していただければ、その心配はご無用になります。

グレイスロイヤルは、管理会社に管理を委託してはいるものの、オーナー自ら物件HPを立ち上げていますので、オーナー紹介という形で指定仲介会社にお客様をご紹介した場合、通常では考えられないぐらい、初期費用がお安くなります。


ではどのくらいお安くなるのか??

●敷金→無料に

●礼金→無料に

●仲介手数料→無料に

●家財保険→お客様で負担 

●前家賃→家賃無料期間2か月分を使えば、前家賃が実質無料に! 

●保証料→仲介会社に交渉をすれば、保証率を下げることが可能。 

●消毒・鍵交換→オプション扱い。断った場合その分初期費用が下がります。


初期費用の内、金額が高くなる傾向が強い「仲介手数料」はオーナー紹介(営業)ということで無料に、「前家賃」は家賃無料期間(フリーレント)が2か月分ありますので実質無料(ただし共益費・駐車場代・自治会費は有料となります)


ただ、いくら初期費用が安いと言っても、お部屋のクオリティーが低かったら元も子もありませんよね!

当物件では、基本的に室内は「ナチュラルテイストに特化」したリノベーションを施して募集を行っています。最近では山梨県の賃貸物件でも、おしゃれな部屋にリノベーションを施す物件は多くなってきましたが、当物件みたいな「ナチュラルテイスト」に特化したお部屋は他物件ではまずありませんので、おしゃれなカフェのような生活をしたい方にとっては、理想的なお部屋と言えそうですよね!


初期費用を少しでも抑えて、新生活に向けてしっかり準備したい方!

グレイスロイヤルならば、その夢が実現できます。


ご見学は随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#初期費用 #フリーレント