気軽にできる階下の防音対策とは?


賃貸物件におけるクレームワースト1位は、生活音が原因と思われる騒音。

その中でも上階のお部屋から階下のお部屋に「生活音」が響いてしまうことによって、騒音トラブルが起こる件数は意外に多いのですが、騒音トラブルに関しては「築年数」や「賃貸構造」は一切関係なく、築年数が浅い物件でも鉄筋コンクリート賃貸でも、普通に起こりえます。



上階と階下の間には、遮音効果が期待できるALCコンクリートと呼ばれる部材が入っているので、直接的な振動はあまりないと考えられます。

また近年では上階のお部屋には吸音効果が期待できる「クッションフロア」を施工している物件が多いので、ある程度の足音は軽減されるものの、全ての音を消すことは難しく、また生活音の多くは「柱」を伝わって階下に音を響かせてしまうことから、どうしても生活音トラブルはなくなりません。


上階からの生活音クレームで最も多いのは「足音」であることがわかっています。


そこで気軽にすぐにできる「生活音対策」として、防音スリッパがありますが、皆さんはご存知でしょうか?


通常のスリッパでは、歩くたびに「パタパタ」と音が鳴ってしまい、この音が階下のお部屋まで響かせる原因となってしまいます。また小さなお子さんがいるご家庭の場合、お子さんが小さいときは、どうしても室内を走り回ってしまいがちですが、これも生活音クレームの対象になってしまいます。


防音スリッパは、底面部分が「吸音部材」を使っているので、通常のスリッパみたいにパタパタ音が鳴りにくくなり、生活音軽減が期待できます。


また防音スリッパは、安いものだと1300円ぐらいで購入できるので、家計の負担にはなりにくく、また1300円で生活音がある程度軽減できれば、費用対効果としても抜群にいいと思います。(防音スリッパについてはこちらをご覧下さい▶記事を読む



これから賃貸物件で新生活を始める方には、ぜひおすすめしたいスリッパです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


0回の閲覧0件のコメント