山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルなら、温もり溢れるおしゃれなカフェ風キッチンが標準装備


賃貸物件を探されている方の中には、カフェ風キッチンに憧れを持っている方が多くいますが、ただ賃貸物件は「原状回復」が求められているので、カフェ風キッチンを諦めるしかないのではと、ふと思ってしまいますよね。


DIYが好きな方なら「剥がせられる壁紙」等を使って、キッチン扉をおしゃれにすることもできますが、ただ温もりが溢れるキッチンかどうかというと…残念ながら及第点に達するか微妙な所です。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあり、2018年から空き室を順次リノベーションを行っていますが、キッチンに関しては「ナチュラルテイスト」に特化したおしゃれなカフェ風キッチンとなっていますので、賃貸にいながらカフェのお店にいるみたいな雰囲気になります。



カフェ風キッチンになる前のキッチン

こちらがリノベーションをする前のキッチン。

よくありがちな賃貸用のキッチンですが、実はリノベーション前のキッチンは「調理スペース」がわずか34センチしかなかったので、まな板一枚置いてしまうと、もう他の物を置くことができない、調理効率がとても悪いキッチンでした。



リノベーション中のキッチン製作

当物件のリノベーションキッチンは「完全オリジナル」なもので、キッチン本体はリメイクすることから、全ての工程が「手作業」となっています。ですので完成するまでに約3週間ぐらいかかります。


一度キッチンを「スケルトン」状態にして、その後キッチン本体を外して「新しいキッチンパネル」を設置し、換気扇フードを再塗装します。


キッチン扉と棚、そしてキッチンカウンターに使用している材料は「ホンモノの無垢材」

建具屋さんが工場で「加工」「組み立て」を行った上で、現地で設置しています。



完成したキッチン


わかりやすくするためにリノベーション前と後のキッチンを並べてみましたが、どちらのキッチンを使いたいか、一目瞭然ですよね。


リノベーション前のキッチンは、よくありがちな「築古物件」にあるキッチンの代表格といっても過言ではなく、またフローリングの色が「暗めの色」を使用していたので、室内空間全体がどんよりした雰囲気を醸し出していましたが、リノベーション後は、全てを一新したので「使用感」「築古感」は微塵も感じられず、さらにおしゃれなペンダントライトまで標準装備(上級グレードのお部屋のみ)となったことから、キッチンにいる時間が至福の時間となりそうですよね。



リノベーションを機に新設したキッチンカウンター

壁付けキッチンの最大の弱点といえば、ずばり「リビングとは逆側」にキッチンが設置されているので、料理中にリビング内にいるお子さんなどを様子を見る場合には「振り向く」ことが必須となってしまい、特に今の若い世代の方にとっては「対面キッチン」で料理をするのを憧れているので、明らかに不利になってしまいます。


そこで救世主となるのが「キッチンカウンター」ですが、賃貸でよくDIYをされる方がキッチンカウンターを製作する場合、当然ながらキッチンカウンターは「固定」となってしまいますが、当物件に設置するキッチンカウンターは「キャスター」が設置されているので、レイアウトを自由自在にアレンジすることが可能となります。


またキッチンカウンター上部には「ステンレス」を設置してありますので、調理スペースとしてお使いいただけることになりますが、調理スペースを設置したことによって、従来の約2倍の広さを確保することができたので、料理がとてもしやすくなったと、リノベ部屋にご入居されているお客様から、喜びの声を頂いております。



ダウンライト&漆喰を新規に設置・導入

賃貸の照明と聞くと、殆どの物件で「シーリングライト」が一般的ですが、シーリングライトを設置すると「生活感」がどうしても出てしまいますが、当物件のリノベーション部屋(上級グレードのみ)LDKにはダウンライトを4基設置し、またLDK・和室・洋室の全ての壁に「自然素材の漆喰」を施工しています。


漆喰を施工すると、とにかく室内が明るくなりますが、これは漆喰が光を反射させる性質を持っているからです。また漆喰は室内の湿気をコントロールしてくれる「調湿効果」があり、これによって特にこれからの時期「冷房の使用頻度」が多くなってきますが、湿気を吸湿してくれることから、冷房設定温度を低くしなくても快適に過ごせます。つまり、夏場の電気料を大幅に節約することが可能となります。


また家庭を預かるママさん達は、常に時間に追われていることから「出来たら時短掃除」をしたいと考えているはず。実は漆喰には「帯電効果」があるので「ホコリが出にくい環境」となっているので、掃除がとってもラクな上でに、消臭効果もあるので、生活臭が気にならなくなります。おうち焼肉をしても、翌朝にはニオイがなくなっているので、生活臭に困らない生活を送ることができます。


数年でキッチンがこのように変わります

こちらは2019年にご入居されたお客様のお部屋。

無垢材を使用していることから、年数が経過してくると「飴色」に変色していきますが、ナチュラルテイスト空間に興味・憧れを持っている方は、キッチンなどが変わっていく過程は、とても居心地がいいですよね。おうち時間が長くなってしまっている今、この様な空間でゆっくりカフェなどを味わうことができれば、ストレスは感じなくなるかもしれませんよね。



お部屋探しの際、参考にして頂けると嬉しいです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。