温もり溢れるナチュラルリノベ賃貸、グレイスロイヤル。


最近では、あえて「リノベーション賃貸に住もう」と考える方が多くなってきています。


新築物件と比べると、築年数は気になるものの、リノベーション賃貸は基本的に「設備や内装」を一新しているので、古さは一切感じることはなく、逆に家賃がオトクである分「お得感」の方が強いことから、おしゃれな部屋で暮らしたいと考えている方にとっては、リノベーション賃貸の方が住みやすいかもしれません。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築27年目を迎える古い物件ということもあるので、近年では空き室を順次リノベーションを展開していますが、当物件が手掛けるリノベーションは「ナチュラルテイスト」に特化した部屋作り。


自然素材の材料をできる限り使用することによって、室内空間全体に「温もり」や「温かみ」を常に感じることができるので、おうち時間が長くなってしまったこのご時世においては、むしろこちらの部屋の方が住みやすいと言っても過言ではありません。



料理の時間が楽しくなる、ナチュラルキッチン
料理の時間が楽しくなる。山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤル

家事の中でキッチンにいる時間が、おそらく一番長くなってしまいがちになりますが、だからこそキッチンは、使いやすいのはもちろん、デザイン性においても魅力的でなければなりません。


ただ賃貸に備えづけられているキッチンは、既製品を導入している場合が多く、また賃貸用のキッチンは、戸建て用のキッチンと比べると、小さめになってしまっていることから、どうしても、食材などを切る時に使う「調理スペース」や「収納スペース」は犠牲になってしまい、狭めになってしまいます。



そこで当物件のリノベーション部屋においては、毎日の料理を楽しんでいただくために、あえて今まで使用していたキッチンをそのまま使用しつつも、おしゃれなキッチンに生まれ変わらせるために、キッチン扉はホンモノの無垢材を使用しています。


キッチン扉専用として、特注で作ってもらった無垢材扉は、時間の経過と共に、徐々にあめ色に変色していくので、ナチュラル家具が好きな方にとっては、とても魅力的なキッチンといえます。


調理スペースが広くなった可動式のキッチンカウンター・山梨おしゃれ賃貸グレイスロイヤル

また、調理スペースや収納スペースを確保すべく、リノベーションを機に「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を新設し、家事のしやすさを改善しています。カウンターを移動させることによって、レイアウトを自由自在に変えられることから、料理方法によっては、様々な使い方ができるので、このキッチンをお使いいただいているご入居者様からは、高い評価を頂いております。



室内の機能性が格段に改善した自然素材の漆喰
室内の機能性を高めてくれる、自然素材の漆喰を使用しています

LIXIL住宅研究所の調べによると、賃貸入居者の約8割は「賃貸の機能性(湿気・断熱など)」に不満を持っていて、そのうちの約3割は不満点解消させるために、引越しを検討していることがわかっています。


賃貸の機能性に関しては、築年数が追うごとに徐々に悪くなっている傾向ですが、ただリノベーションで賃貸の機能性改善を目的とした部屋は、恐らく作られていないのが現実



漆喰を施工することによって、夏場エアコン完全依存から卒業することが可能になります

そこで、当物件のリノベーションにおいては、上級グレードの部屋のみ、自然素材の漆喰を室内(LDK・和室・洋室)の壁に施工しています。

漆喰を室内に施工することによって、室内の居住性向上が期待できることはもちろんですが、職人さんが手作業で漆喰を塗っていることから、壁全体に温もりや温かみを感じられ、特に女性のお客様は、漆喰の壁を見ると「キュン」と来てしまう方が多いです。


漆喰を室内に施工することによって、どのようなメリットがあるのかというと…


①調湿効果

漆喰が室内に湿度を吸放湿することにより、夏場は室内がジメジメするようなことを防いでくれるので、エアコンの温度を低くしなくても快適に過ごすことができます。また冬場は暖房器具の影響で室内が乾燥気味になってしまいますが、漆喰が適度に湿度を放湿してくれるので、室内乾燥を防ぐばかりではなく、インフルエンザ予防が期待できます。


②消臭効果

漆喰は強アルカリ性の性質を有していることから、消臭効果が期待できます。

漆喰を室内に施工してあるモデルルームで、換気をしない状態で焼肉をしても、数時間後にはニオイそのものは気にならなくなり、翌朝にはニオイそのものがゼロになるぐらい、強力な消臭力があります。(詳細はこちら)


③抗菌・抗ウイルス効果

漆喰の強アルカリ性は、壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制する効果が期待でき、またシックハウス症候群の原因にもなる「ホルムアルデヒド」に対しても、漆喰が吸着・再放出させないことから、健康的な暮らしをしたいと考えている方にとっては、魅力的な部屋といえそうです。


④防カビ性

一般的に室内湿度が70%を超えてくると、カビが発生しやすいと言われていますが、調湿効果が期待できる漆喰は、カビそのものの発生を抑えることができます。カビが発生しにくいということは、カビを餌にしているダニの発生も抑制することができるので、小さなお子さんがいるご家庭には最高の子育て環境といえます。



和モダン空間が魅力的、おしゃれな和室部屋 

和モダン空間が魅力的な和室部屋

ファミリー向け賃貸物件においては、ライフスタイルの変化などによって、近年施工された新築物件はもちろん、今まで和室部屋があった築古物件においても、和室から洋室に間取り変更するところが増えてきたことから、賃貸の和室部屋はあまり見かけなくなっています。


和室部屋があることによって、退去時「畳の表替え費用」が必然的に発生することから、この費用を支払いたくないと考える方が増えてきたのも、和室離れを促進させた要因とも言えます。


ただ、もともとあった和室部屋を洋室に間取り変更しても、押し入れや木製の窓枠はそのまま利用することになることから、畳をフローリングにした所で、室内空間は違和感を感じてしまいます。



当物件においては「あえて」和室部屋を活用する道を選びましたが、和室部屋を残すにあたって、入居者様の不安(退去時の表替え/和室部屋がおしゃれになるのか)を取り除かなければなりません。


そこで、当物件においては入居者様の不安を全て解消させた「和モダン空間が魅力的な琉球畳」をリノベーション時に交換しています。


琉球畳に交換することによって…

・日焼けがしにくいことから原則退去時の表替えは必要なし

・当物件で採用している畳は和紙で作られているので、ダニの発生率が少ない

・畳を交互に置く事によって、市松模様を楽しめる



グレイスロイヤルで採用している和室部屋の琉球畳は1点もの

当物件に設置している琉球畳は、室内の大きさが部屋によって若干異なることから、完全オーダーメイドの1点もの。また畳の色はベージュを採用していますが、色彩学的にベージュは筋肉の緊張を解きほぐす効果が期待できるとのことなので、琉球他他を敷いた和室部屋で過ごすことは、無意識の内に身体全体がリラックスすることができることを意味しているので、ストレスを抱え込みやすい方にとっては、リラックスすることが可能となります。









当物件のリノベーション部屋においては、室内空間をできる限り統一させるために、あえて白とベージュの2色をメインで使用しています。


一見すると地味な部屋と感じてしまいがちになってしまいますが、ただ完全手作業で塗ってくれた漆喰の暖かい壁、建具屋さんが完全オーダーメイドで作ってくれた、世界にひとつだけのオリジナルキッチン、そしてモダン空間が魅力的な琉球畳を敷いた和室部屋。どの部屋を見ても、温もりと温かみを感じられる部屋になっているので、おうち時間が長くなってしまった今の時代だからこそ、住みやすい賃貸といえると思います。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨おしゃれ賃貸 #リノベーション #おしゃれ賃貸



閲覧数:0回0件のコメント