温もり溢れる漆喰壁に一目惚れ。漆喰部屋ってどんなメリットがあるの?


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいては、2018年より順次空き部屋をリノベーションを行っていますが、上級グレードのリノベーション部屋においては、自然素材の漆喰を施工しています。


漆喰を使用している賃貸物件は、全国的にも珍しいことから、多くのお客様は「漆喰の効果」があまりご存知ではない方が多いのですが、ただ一度漆喰のお部屋に入居されると、もう二度と普通の賃貸には住めないほど、快適な生活を送れることができますが、では漆喰部屋に住むことによって、どのようなメリットがあるのでしょうか?



1.劣化がしにくい

漆喰は劣化がしにくいので、室内が古臭くなることはありません。
漆喰は劣化がしにくいので、室内が古臭くなることはありません。

漆喰と通常の壁紙を比較した時、一番わかりやすい部分といえば「漆喰は劣化がしにくい」ところ。


通常の壁紙の場合、日当たりがいい「南側」の部屋に貼られている壁紙は、時間の経過と共に「日焼け」しやすくなることから、一目見ただけで「古くなっている」ことがわかりますが、漆喰の場合「日焼けがしにくい」ために、長期間経過しても「古さが目立ちにくく」なることから、長期入居されたとしても、古さはほとんど感じられません。


壁紙は機械的に作られていますが、漆喰は職人さん達が手作業で塗られていることから、どちらがいいのか、もうお分かりですよね。


2.調湿効果がすごい

漆喰は調湿効果が期待できるので、夏場のエアコン使用量を抑える効果が期待できます。
漆喰は調湿効果が期待できるので、夏場のエアコン使用量を抑える効果が期待できます。

漆喰部屋で暮らすことにより、一番のメリットとすれば、ズバリ「調湿効果」が期待できるところではないでしょうか?


調湿効果とは、室内にある湿気が多湿の場合には、漆喰が吸収し、逆に室内が乾燥状態になった場合は、漆喰が室内に適度な湿度を放湿してくれるので、乾燥状態を予防してくれます。


調湿効果があることによって、漆喰が施工されているお部屋においては、夏場であっても「室内がムシムシ」するようなことにはなりにくいので、エアコン設定温度を低くする必要性がありません。

その結果、漆喰部屋で暮らしている当物件のお客様の多くは「夏場場の電気料金」にびっくりされていて、あるお客様は「以前の部屋と比べると、夏場の電気料金が月に2000円安くなっていた」と驚いていました。



また、調湿効果が期待できることによって、漆喰の部屋においては「カビ」の発生を抑制することができます。カビの発生を抑制することができるということは、カビを餌にしているダニの発生も抑えられることになるので、ハウスダウトの発生を抑えることにも繋がります。 


さらに、調湿効果が期待できるということは、室内で部屋干しした場合、湿気を吸湿してくれることから、通常の部屋の部屋干しと比べて「早く洗濯物が乾く」ことになり、また乾燥時間が短縮することができれば、部屋干し特有の「嫌なニオイ」が付着しにくくなるので、柔軟剤に頼らない生活を送ることができます。



3.抗菌・抗ウイルス効果が期待できます 


強アルカリ性を有している漆喰は、抗菌・抗ウイルス効果が期待できます
強アルカリ性を有している漆喰は、抗菌・抗ウイルス効果が期待できます

漆喰は「強アルカリ性」の性質を有していることから、漆喰壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制する効果が期待できます。


特にこれからの時期は、エアコンを使用する頻度が高くなり、またエアコンは基本的に「換気機能」がないので、常に冷風が対流していることになることから、ウイルスや細菌などが壁に付着する可能性が高くなりますが、漆喰壁ならば抗菌・抗ウイルス効果が期待できることから、特に小さなお子さんがいるご家庭にとっては、とてもありがたいですよね。



4.生活臭対策に効果的

生活臭は、どの部屋であったとしても発生してしまうもの。

換気がしにくい玄関や、リビングなどはニオイが発生しやすいエリアではありますが、ただその部屋で生活している方は「ニオイになれてしまっている」ことから、なかなか生活臭に気づかないことの方が多く、友達など第三者からの指摘で、初めて自分の部屋のニオイに気づいてしまうので、嫌な気持ちになりますよね。


漆喰には、生活臭を含むニオイを分解してくれる効果が期待できるので、例えば漆喰の部屋で換気をしない状態で「おうち焼肉」をしたとしても、翌朝には「ニオイそのものがなくなっている」ので、生活臭が気になる方にとっては、とっても魅力的な部屋と言えそうですよね。



5.いたずら書きが消せる 

小さなお子さんがいるご家庭の場合、ある程度の年頃になると、壁などに「いたずら書き」をしてしまうことがよくあります。賃貸でもよくありますが、賃貸の壁において、いたずら書きをしてしまうと、残念ながら退去時に「壁紙の張替え費用」が請求されてしまいます。


しかし漆喰の場合、使用するペンにもよりますが、実は消しゴムを使えば「消せる」ことができるので、もし消すことができれば「退去時における修繕費用」は発生しにくくなるので、子育てをされているママさん達にとっては、魅力的な部屋といっても過言ではありません。(ただし使用するペンによっては、消すことができない場合があります)



いかがでしたか?

賃貸で漆喰を室内に導入することによって、室内空間が快適になるのはもちろんですが、通常の賃貸ならほぼ100%退去時に請求されられる「壁紙のいたずら書き」であっても、消すことができれば、費用は発生しにくくなるので、子育てをされているご夫婦にとっても、魅力的な部屋であることは、間違いありません。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。