生活音を気にしない「鉄筋コンクリート」賃貸に隠されたデメリットとは?


こんにちは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


ファミリータイプの物件を探される方にとって、一番心配していることと言ったら、やはり「生活音」が階下に響いてしまうかどうかではないでしょうか?


お子さんが小さいうちは「夜泣き」、少し大きくなって歩くことができたころには、走り回ってしまって、足音が階下の部屋に響いてしまうことは、正直言ってよくあることですが、クレームに巻き込まれたくないと考えている方の一部は、生活音が階下に響きにくい「鉄筋コンクリート」の賃貸物件にご入居される方もいます。


確かに、鉄筋コンクリートの物件は階下に生活音が響きにくいのですが、実はそれ以上に鉄筋コンクリートの物件は、家計的にとってははマイナスでしかないことをご存じでしょうか?




鉄筋コンクリート賃貸は冷暖房器具を使用する頻度が高くなります。

鉄筋コンクリート物件は、熱伝導率が高いコンクリートと鉄筋を素材としている為、


木造住宅に比べると夏は暑く、冬には寒い家になりがちになります。


冷暖房器具の使用頻度が軽量鉄骨・木造建築の物件と比べると高くなりますので、必然的にランニングコストが増えてきます。つまり、家計にとってはマイナスでしかありません。



また鉄筋コンクリート物件は、他の建築物件と比べて「床」が固いので、小さなお子さんがいるご家庭では注意が必要です。転んでけがをすることもあり得ますので、何かしらの対策が必要かもしれません。




賃貸物件オーナーを13年やっていて、わかったことがありますが、ファミリータイプの物件にご入居される場合、「お子様の夜泣き」「走り回る」ことに関しては、皆さん「お互い様」の考えを持っている方が圧倒的です。


管理会社から月に1回、報告書が自宅に届くのですが、騒音に関する苦情について、お子様が原因によるクレーム報告は、13年間の中で、ごくわずか。


ということは、ほとんど問題になっていないことですよね!



グレイスロイヤルが今月末に募集を行うお部屋には、エアコンにあまり依存しなくても快適に過ごすことができるように、居住エリアに自然素材の漆喰をせこうしていますので、毎月の電気代がビックリするぐらい、変わっていることが実感できます。



お部屋探しの際、参考にしていただければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料