甲府でおしゃれな賃貸二人暮らしをするなら、ナチュラルテイスト賃貸のグレイスロイヤルがおススメです。


甲府でこれから二人暮らしをしようと考えている方は、きっとおしゃれで清潔感がある賃貸に住みたいと思っているはず。ただ築年数が浅い物件は、初期費用や毎月の家賃が高めになってしまうので、おしゃれな部屋に住むのを諦めなければならないのでしょうか?


それは違います。


おしゃれな部屋=築年数が浅い物件ばかりではありません。


リノベーション物件といったワードを聞いたことはありませんか?


リノベーション物件とは、築年数が経過した物件を、新築並みに蘇らせる物件のことを言いますが、内装や設備を交換すると、古臭さは一切なくなり、使いやすい部屋になっているのに、家賃や初期費用が築年数が浅い物件より「オトク」になっているので、近年ではあえてリノベーション物件に入居する方が増えてきています。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築ということもあり、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、ただ当物件のリノベーションは一般的なリノベーション物件とは異なり、ナチュラルテイストに特化したリノベーション部屋となっています。



 

目 次

1.カフェのお店を彷彿させるナチュラルキッチン

2.おしゃれすぎる照明がLDKに標準装備

3.床材は、生活音に配慮しています

4.おしゃれな漆喰壁

5.和モダン空間が魅力的な和室部屋

6.世界にひとつだけのオリジナル洗面台

7.おしゃれすぎる浴室

8.デザイン性&機能性に優れたおしゃれなトイレ

9.まとめ

 

1.カフェのお店を彷彿させるナチュラルキッチン

これから賃貸で二人暮らしをされる方にとって、室内でいちばん長くいる場所といえば、やはりLDKではないでしょうか?


初めて同棲を開始されるカップルや新婚さんは、恐らくお二人がキッチンに立つことも珍しくはありませんが、ただ賃貸のキッチンというと「どの物件も同じような」ものばかりであり、また使いやすさ(調理スペースが狭い)やデザイン性に関しても、おしゃれにうるさい方なら、及第点を付けられない場合も出てきます。


グレイスロイヤルのリノベーション部屋では、キッチンは全て「ナチュラルキッチン」にリメイクしていますが、実はこちらのキッチンは既製品ではなく、オーダーメイドキッチン。





リノベーション前のキッチンはこんな感じでした。





家具屋さんにお願いをして、無垢材扉を製作してもらっています。



家具屋さんにお願いをして、無垢材扉を製作してもらっています。








キッチン本体は、今まで使用していたものを使っているものの、キッチン扉とキッチンパネルに関しては、リノベーションを機に「新しいもの」に交換しています。キッチン扉にはホンモノの無垢材を使用。


家具屋さんに特別にお願いして扉を作ってもらいましたが、こちらの扉は1本の無垢材をキッチン扉に合わせて切断し、木材を何層に重ねて、仕上げに木材を保護する「オイルステイン」を施工して完成となりますが、キッチン扉は既製品ではありませんので、リノベーションをするたびに、毎回製作しています。


また賃貸のキッチンは、新築物件に設置されているキッチンも含めて「調理スペース」があまり広くはありません。調理スペースが狭いと、食材の下ごしらえをする時、不便に家事てしまい、特に賃貸のキッチンは、正直使いにくいキッチンなので、調理スペースを確保したい場合には、シンクの上にも載せられる、大きいまな板を購入しなければなりません。



そこで調理台と収納スペースを兼ね備えた「可動式のキッチンカウンター」を新設・設置することによって、調理スペースと収納スペースの両方を一気に確保することができたことから、使い勝手が格段にUPしました。


当物件のキッチンは「壁付けタイプ」ではありますが、キッチンカウンターを設置することによって、対面キッチンとしても使うことができます。実際にこちらのキッチンを導入している部屋の方に聞いてみたところ、全ての部屋において、カウンターを対面に設置していました。対面キッチンの人気の高さがよくわかります。




2.おしゃれすぎる照明がLDKに標準装備

おしゃれすぎる照明がLDKに標準装備

上級グレードの部屋のみとはなりますが、LDKにダウンライト4基とペンダントライトが標準装備になっています。


最近の新築物件においては、ダウンライトが設置されてあるケースは多いのですが、ペンダントライトが設置されていることは、まずありません。


カフェのお店の照明といえば、ペンダントライト。

ナチュラルキッチンの近くに、おしゃれなペンダントライトがあるので、カフェのお店みたいな雰囲気味わうことができ、特に女性のお客様からは高い評価を頂いております。


またライティングレールに「専用フック」を取り付けることによって、おしゃれな雑貨などを吊るすことができます。あまり重すぎるものはNGですが、観葉植物などを吊るすと、よりカフェっぽく見てて、映える部屋になります。



3.床材は、生活音に配慮しています

床材は、生活音に配慮したクッションフロアを施工

賃貸物件のクレームで最も多いのは、生活音が原因による「騒音」

とりわけ「上階からの足音」が階下の部屋に響いてしまい、トラブルになるケースは、築年数関係なく発生してしまっています。


リノベーション前の床は、吸音効果はほぼ皆無の「フローリング」だったため、クレームが発生しやすい環境となってしまいましたが、リノベーションを機に「吸音効果が高いクッションフロア」を施工しています。


クッションフロアは、材質が柔らかいのが特徴ですが、この柔らかさが足音を軽減してくれるので、賃貸業界では結構施工されている物件が多いです。



4.おしゃれな漆喰壁

リクシル住宅研究所の調べによると、築年数が経過するたびに、室内の機能性(断熱・湿気・防音)に対する不満点は増加傾向となり、賃貸に入居している約8割は「不満」に思っていることがわかっていますが、ただ現実的には、この不満点を解消させているような部屋は、供給できていないのが現実。


当物件においては、上級グレードの部屋のみ「自然素材の漆喰」を施工しています。漆喰は全て手作業となってしまうので、時間とコストはかかってしまいますが、ただ手作業ならではの壁から「温もり」や「温かみ」を感じることができるので、ナチュラルテイスト暮らしに憧れを持っている方には、魅力的な部屋といっても過言ではありません。



また漆喰を施工することによって、先程指摘した「賃貸の機能性不満点」をある程度解消することができます。


・断熱性と湿気について

漆喰を顕微鏡で見ると、小さな結晶の塊となっています。

構造的には「冬のかまくら」と同じ。雪の結晶が、中で起こした熱を反射してくれることから、遠赤外線効果によって身体が温まりますが、漆喰も冷暖房を反射させることによって、保冷保温効果が期待できます。


さらに漆喰には調湿効果がり、湿気が多い夏は漆喰が吸湿/乾燥しやすい冬は、放湿してくれることから、ジメジメ/乾燥状態を自然な形で予防してくれるので、快適な生活を送ることができます。


・防音性について

漆喰は多孔質構造=無数の小さな穴が開いています。

多孔質構造になっていると、吸音効果が期待することができます。

一般的に、室内で音を出すと「音が室外に漏れてしまう」可能性が高くなりますが、多孔質構造になっていると、音の一部を吸収してくれることから、室外に出る音を軽減させることが期待できます。


(コロナウイルスが流行する前の話です)冬場においてお部屋説明をする際、窓を閉めた状態で行った時、自分が話した声が「室内でこもるような」感覚になっていたことを、今でもよく覚えています。


これはおそらく、声の一部が漆喰壁に反射してきたからではと、勝手に推測していますが、通常の部屋では、窓を閉め切った状態で声がこもることはあり得ないので、恐らくある程度の吸音効果は期待できると推測しています。



5.和モダン空間が魅力的な和室部屋

和モダン空間が魅力的な和室部屋

ライフスタイルの変化などによって、今では和室部屋がある賃貸は減少傾向となっています。

和室部屋がある賃貸は、次々に洋室に間取り変更していますが、元々あった和室部屋を洋室に変更したとしても、押し入れや木枠窓はそのまま使うことになるので、どうしても室内空間に違和感を感じてしまいます。


当物件は新築時から和室部屋があったのですが、洋室に間取り変更することに対して「違和感」を持っていたこともあったので、当物件では和室部屋をあえて残す方法をとり、また通常の和室部屋は、若い方には「堅苦しいイメージ」が強すぎることから、デザイン性に優れた和室部屋を作ろうと思い、琉球畳を採用するに至りました。


琉球畳は、通常の畳と比べると「デザイン性」に優れていて、さらに日焼けがしにくいことから、通常の賃貸で和室部屋があると、使用状況一切関係なく退去時に「表替え費用が発生」しますが、琉球畳においては「表替え不要」となるので、費用発生することはありません。(ただし故意による破損や汚損は除く)



6.世界にひとつだけのオリジナル洗面台

賃貸の洗面台と聞くと、シャワーがついた白い洗面台を連想されますが、賃貸によくある洗面台は、洗面ボウルの底が浅いいので、手洗い洗濯をする時や、お子さんの靴などを洗う時、どうしても水撥ねがしやすくなるので、掃除が大変になってしまいますよね?


当物件の一部上級グレードの部屋においては、世界にひとつだけのオリジナル洗面台が標準装備されています。こちらもキッチン同様・家具屋さんにお願いして製作してもらったものですが、洗面ボウルに採用しているのは、なんと病院で実際に使用されている業務用のもの。


病院で使用されているものは、底が深いことから、水撥ねの心配は殆どしなくても大丈夫になるので、掃除がとてもラクとなり、実際にご利用されているご入居者様からも「使いやすい洗面台」と太鼓判を押して頂いております。



7.おしゃれすぎる浴室

おしゃれすぎる浴室

リノベーション賃貸の一部は、キッチンなどの設備は新しいものに交換しているものの、浴室に関しては「コストが高くなる」ことから、リノベーションしていないケースが多いです。


当物件の上級グレードの部屋においては、浴室もフルリノベーションをしているので、古さは一切感じることはなく、さらにリノベーションしたことによって「高級感や清潔感」を感じることから、毎日のバスタイムが楽しくなること間違いなさそうですね!



8.デザイン性&機能性に優れたおしゃれなトイレ

デザイン性&機能性に優れたおしゃれなトイレ

賃貸のトイレは、どうしても生活感が前面に出てしまうもの。

ただトイレであっても、清潔&おしゃれな空間にしたいですよね!


そこで当物件では、トイレ部分もしっかりとリノベーションをしています。

具体的には、両壁&天井部分には「消臭効果が期待できる機能性壁紙」を採用していますので、使用状況に応じて差が出てしまいますが、概ね5~10年は、消臭効果が期待できると言われています。(詳細はこちらをクリック


また、トイレ内に観葉植物を置くと、風水的にメリットが大きいと言われていることから、トイレ中央に「無垢材の棚」を設置しましたので、お好きな観葉植物や雑貨などを置くことが可能となったことから、トイレ空間がより華やかになりますよね。



9.まとめ


いかがでしたか?

恐らくではありますが、よく見かけるリノベーション賃貸の部屋と比べると、当物件のリノベーション賃貸は、派手さは決してありませんが「どこか懐かしい部屋」「居心地がよさそうな部屋」となっているので、おうち時間を楽しむことが、きっとできると確信していま

す。


さらに当物件では、公式サイト経由でお部屋申込をされた方に対して、初期費用を相場の4分の1程度に抑えた特別価格で、ご提供することができるので、浮いた費用で新生活に必要な家具や家電、また引越費用に回すことができますよね!


甲府市でこれから二人暮らしをするなら、やはりグレイスロイヤルに決まりです。




閲覧数:5回0件のコメント