甲府市で二人暮らし賃貸をするなら、家賃がオトクなリノベーション賃貸がおススメ。


こんにちは。


これから二人暮らしをする予定のカップル、新婚さんにとって、部屋探しは非常に重要となります。賃貸で今後子育てを考えている方もいれば、しばらくは二人の時間を大切にしたいと考えている方もいるはず。

ただ、これまでの生活とは異なり、将来に向けてある程度は貯蓄をしなければなりませんよね。


リクルートブライダル総研が調べた所によると、夫婦の貯蓄額の平均は、月5.5万円。

お子さんがいない場合は、共働きをされている可能性が高いので、浪費さえしなければ、夫婦の月の貯蓄額平均は、十分クリアすると思います。


ただ、1か月の家庭内支出の内、住居=賃貸家賃に占める割合が最も多いので、貯蓄をする場合はやはりどのような賃貸物件に住むかがポイントとなります。





初めて二人暮らしをする時、もしお金に余裕があるなら、誰もが新築物件に住みたいと思いますよね。


確かに、新築物件は「インターネット無料」「対面キッチン」「ホームセキュリティー」等が完備されていて、初めての住人になれるので、人間関係で苦労しなくてもいいことから、昔も今も募集が開始されると、すぐに部屋が埋まってしまい満室になることも珍しくはありません。



ただその一方で、毎月の家賃はエリア内において最も高く設定されています。



山梨県甲府市の場合、新築2LDK賃貸は、エリアにもよりますが、平均で8万円前後となっていて、共益費などの諸費用を加えると、月の総家賃は平均8.5~9万円程度となっています。


共働きをしている時は、新築物件に入居するのも十分アリだとは思いますが、もし奥様が妊娠された場合、育児休暇を取るか、子育てに専念するため退職されるか、二者択一にはなりますが、いずれにしても、共働きをしていた時より、収入面では減ってしまいます。


この時、新築物件に入居していた場合、家賃の支払いがきつくなる方が、約2割弱いると言われているので、万が一にも家賃の支払いがきつくなってしまって、家賃が安い物件に住替えなどをしてしまった場合、退去費用や入居費用が別途発生することから、余分なお金を使ってしまう可能性が高くなります。




安定した貯蓄をして、無理のない賃貸生活を送りたい方は

リノベーション賃貸

を選んだ方が絶対的にオトクとなります。



オトク①:部屋が新築並みなのは当たり前

リノベーション賃貸は、基本的に築20年以上経過した古い物件の部屋の内装や設備を新しく交換しているので、築年数のことをあえて言わなければ、誰もここが古い物件であるとは信じないほど、部屋が再生されています。


また、リノベーション賃貸は新築物件より、数万円程度安く設定されているので、新築物件に入居することが経済的に可能な方にとっては、リノベーション賃貸に住むことにより、必然的に差額分を貯蓄に回すことが可能に。



オトク②:初期費用が新築より安い場合が多い

新築物件は、エリア内においても非常に資産価値が高いことから、初期費用の部分においても設定項目が多くついていることから、高めとなっています。


敷金はほぼ設定され、昔の慣習をいまだに引き継いでいる「礼金」も設定されている事から、初期費用だけでも家賃5~6か月分発生するのは当たり前となっています。



一方、リノベーション賃貸の場合は、物件によっては敷金・礼金の設定がなく、また家賃が一定期間無料となる「フリーレント」がついているので、初期費用の面でも新築物件より安くなります。



オトク③:設備が新しくなっている



築年数が経過した物件の設備は、今の時代のデザインとは異なるので、どうしても古さが目立ってしまいます。

リノベーション賃貸は、基本的に設備は交換することを前提としていることから、真新しい設備が導入されると、古いといったイメージは帳消しになるほど、古さを感じることはまずありません。





築年数が経過した物件と聞くと、どうしても古くさいといったイメージが先行してしまいますが、ただリノベーション賃貸は、設備面も含め内装も一新されている事から、新生活を始めるのには、最高の部屋と言っても過言ではありません。


また家賃や初期費用の部分に関しても、新築より格段に安いことから、無理をしない範囲内で貯蓄をすることができますので、より良い暮らしができるはずです。




お部屋探しの際、参考になれば幸いです。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。




#リノベーション #初期費用 #甲府 #二人暮らし #新築物件