畳ってお掃除が大変そう…。

最終更新: 2019年2月9日



おはようございます。

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


さてグレイスロイヤルでは、2017年夏以降にリフォームを行った和室部屋には「琉球畳」を導入をしています。


琉球畳の魅力は、何と言っても「市松模様」が美しい所!

琉球畳は、通常の畳にはある「縁」がなく、正方形の形になっているのが特徴で、畳の置き方を変えるだけで、色が2食の畳を使っているかのように見えますが、これは「目の錯覚」です。もともとは1色の畳を使っています。


琉球畳を導入したことにより、お客様が入居の決め手の一つにも挙げるほどまでの人気ぶりで、グレイスロイヤルにはなくてはならない畳になっています。



現在、新築物件では当たり前になっていますが、新築物件には「和室部屋」そのものがなく、築年数が経過した物件で和室部屋がある物件でも、退去時に畳の表替え代や襖代が発生する方との理由で、和室部屋がある物件は遠慮する傾向が出てきました。


また、畳というと「ダニが発生しそう」「掃除が大変そう」などといったイメージを持たれる方も多いのではと思います。そこで、今日のブログは、グレイスロイヤルに導入している琉球畳の普段のお掃除の仕方や様々な懸念について、お伝えしようと思います。



まず、琉球畳というより畳の最大のデメリットの部分についてお話しさせてもらいます。

畳の最大のデメリットといえば…「ダニが発生しやすい」所です。


賃貸物件の場合、部屋数は限られていますので、和室部屋をお使いになる方はいらっしゃると思いますが、誰だってダニが発生しやすい所の部屋を使いたくはありませんよね。


グレイスロイヤルが導入している「琉球畳」は「機械すき和紙」を使っているので、

  ①通常の畳と比べてごくわずかですので、安心ですよね!(^^)!

  ②撥水性があるので水分・汚れが染み込みにくい。

  ③表面が通常の畳と比べて傷みにくく、美しさを保ちます。


このように、グレイスロイヤルの琉球畳は、通常の畳と比べるとデメリットが発生するリスクは軽減できる畳であることがわかりましたよね~。では次に、普段のお掃除の仕方についてお伝えします。




普段のお掃除の仕方についてですが…

 ●日頃の掃除と換気を必ずおこなってください。 

 ●掃除機は畳の目に沿ってかけて下さい。掃除機のブラシ回転機能はオフにして下さい 

 ●日常のお手入れは、乾いた雑巾で畳の目に沿って乾拭きしてください。

 ●月1回程度、かたくしぼったぬれ雑巾で表面を軽く拭いてください。 

  決して、ぬれ雑巾で強くこすらないでください。表面が白っぽくなる恐れがあります。

 ●過度な湿気を含ませないために、お天気の良い日には窓を開けて風通しを良くしてくだ

  さい。

 (詳細なお掃除の仕方や注意点などは、こちら をご覧ください)


通常のお掃除を大きく違うところは、「乾いたぞうきんで乾拭きをするところ」だと思いまがそれ以外の部分では、普段行っているお掃除とあまり差異はないのではと思います。



いかがでしたか?

「和室部屋の畳の掃除、大変そう」だと思っていましたが、意外に普段行っているお掃除とあまり差がなくて、これなら畳部屋があっても苦にはなりませんよね。また通常の畳と比べると、ダニなどの発生率はわずかとのことですので、お子様のお部屋としても活用ができます。また急にご両親がアパートにお泊りの際には「客間」としてもお使いになれますので、琉球畳がある和室部屋は、使い方が無限大あるのではと思います。




グレイスロイヤルでは、来月2部屋募集を行いますが、両部屋とも「琉球畳」が標準装備されておりますので、ぜひ和室部屋を最大限ご活用してただければ幸いです!(^^)!


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨 #甲府 #大里町 #グレイスロイヤル #賃貸 #アパート

#デザイナーズ #リノベーション #インテリア #和室

#琉球畳 #仲介手数料半額 #お家賃1か月無料




3回の閲覧