相談なしで家賃滞納すると、ヤバいことに。


こんにちは。


毎月支払う賃貸の家賃が、もし来月支払うことが難しくなったら、皆さんならどのように対応しますか?

近年では、入居(契約)時に「家賃保証会社」に保証料+年1回・更新料を支払うことを必須としている物件・管理会社が多くなったので、休業や失業、入院などで家賃の支払いが滞った場合には、家賃保証会社が家賃を一定期間管理会社に支払い続けますが、ただ管理会社に事情を何も告げずに、家賃の支払いを滞らせていた場合、将来的にヤバいことになります。



家賃保証会社は3か月間未納が続くと、裁判手続きにすぐに入ります。

家賃保証会社では、家賃を滞納されてから3か月間は、管理会社に家賃の支払いを続けますが(家賃保証会社の方針にもよりますが…)3か月以降になっても家賃の支払いがない場合には、一気に法的手続きに入ります。

(この期間に保証会社/管理会社から電話連絡が必ずあります)


家賃保証会社の顧問弁護士などから「内容証明郵便」が届き、督促=家賃の全額支払いを促され、これも無視すると本当に裁判手続きに入り、最悪は強制執行=強制退去という流れになります。


もちろんこの期間に、未納家賃を一括で支払えば「法的手続き」はなくなります。




しかし…

家賃の支払いが複数回遅れて、しかも管理会社や家賃保証会社に相談をしなかった場合、お客様の履歴が家賃保証会社に残る可能性があります。

またこの情報はほかの家賃保証会社にも伝わる可能性がありますので、新規入居が難しくなることが予想されますので、注意が必要です。



では、家賃の支払いが厳しくなった場合、どのような対応をとればいいのでしょうか?


もし家賃の支払いが厳しくなった場合には、必ず「管理会社」に相談をして下さい。

そして現在の事情を素直に話してください。


家賃の支払いを猶予することは基本的にはできませんが、家賃支払いができやすいように様々な形でフォローすることはできます。



繰り返しになりますが、もし家賃の支払いが難しくなった場合には、必ず管理会社に報告・相談して下さい。また家賃が滞納したからといって、すぐに強制的な退去をすることはあり得ません。どうぞご安心ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうござます。


#家賃滞納 #家賃保証会社